検索結果

1376件中 120件を表示 | 表示件数   件

御伽の国のみくる

日本文学

御伽の国のみくる

モモコグミカンパニー

アイドルの夢破れ、メイド喫茶でバイトの日々。裏切り、妬み、失望の果てに、友美が見つけた答えとは? 大人気グループBiSHのモモコグミカンパニーが贈る、感動の小説デビュー作!

  • 単行本 / 256頁
  • 2022.03.24発売(予定)
  • ISBN 978-4-309-03030-2

予価1,375円(本体1,250円)

※未刊

詳細を見る
副音声

日本文学

副音声
僕の声は君の視界

大林 利江子

視覚障がい者を声で補助する「副音声」制度で繋がる男女。光を失った「彼女」と、未来が見えない「僕」。ただ、同じ視界を共有するだけのふたりが育む、もっとも純粋な恋愛小説!

  • 単行本 / 288頁
  • 2022.03.22発売(予定)
  • ISBN 978-4-309-03032-6

予価1,782円(本体1,620円)

※未刊

詳細を見る
趙雲伝

日本文学

趙雲伝

塚本 靑史

劉備や諸葛亮を支えた名将として、三国志屈指の人気を誇る趙雲子龍。公孫氏配下時代から、官渡の戦い、赤壁の戦い、入蜀、三国鼎立、漢中攻め……その波乱の生涯を描ききる歴史大河ロマン。

  • 単行本 / 320頁
  • 2022.03.01発売(予定)
  • ISBN 978-4-309-03025-8

予価2,178円(本体1,980円)

※未刊

詳細を見る
稔と仔犬 青いお城

日本文学

稔と仔犬 青いお城
遠藤周作初期童話

遠藤 周作

若き日に執筆された知られざる貴重な童話二作。『沈黙』構想の礎となった「稔と仔犬」は、まさに「踏み絵」を連想させる衝撃作。不明であった原稿の一部が発見され、ついに初単行本化!

  • 単行本 / 256頁
  • 2022.02.28発売(予定)
  • ISBN 978-4-309-03026-5

予価1,980円(本体1,800円)

※未刊

詳細を見る
センチメンタルワールズエンド

日本文学

センチメンタルワールズエンド

武瑠

「来年の今日。俺たちは、ここで一緒に死ぬ。残された一年で、君の遺書代わりの小説を、俺が描く」自殺を試みたミサキは小説家の鋭二と出会う。感傷的な世界の終わりへと物語が動き出す。

  • 単行本 / 192頁
  • 2022.02.28発売(予定)
  • ISBN 978-4-309-03027-2

予価1,870円(本体1,700円)

※未刊

詳細を見る
渚のリーチ!

日本文学

渚のリーチ!

黒沢 咲

麻雀が好きすぎて、会社員をしながらプロテストを受けた岡崎渚。挑戦と挫折を経て、”強気のヴィーナス”と異名をとり、大舞台Mリーグへ。読めばもっと麻雀を好きになる青春小説の誕生!

  • 単行本 / 192頁
  • 2022.02.26発売(予定)
  • ISBN 978-4-309-03022-7

予価1,760円(本体1,600円)

※未刊

詳細を見る
0 zero

日本文学

0 zero

堂場 瞬一

「すごい原稿がある」――ベストセラー作家が死の間際に残した一言より始まった原稿捜索。しかしそれは、出版業界を揺るがしかねないパンドラの箱だった……「創作」の倫理をも問う問題作!

  • 単行本 / 352頁
  • 2022.02.14発売(予定)
  • ISBN 978-4-309-03024-1

予価1,980円(本体1,800円)

※未刊

詳細を見る
その午後、巨匠たちは、

日本文学

その午後、巨匠たちは、

藤原 無雨

歳を取らないサイトウが神社の神様として呼び寄せた6人の巨匠画家と、美の混沌が支配した世界にやがて現れた救世主――。物語のトリック・スターが大胆な着想で贈る新たな注釈小説。

  • 単行本 / 144頁
  • 2022.02.14発売(予定)
  • ISBN 978-4-309-03028-9

予価1,760円(本体1,600円)

※未刊

詳細を見る
教育

日本文学

教育

遠野 遥

一日三回以上オーガズムに達すると成績が上がりやすいとされていて――。勝てば天国、負ければ地獄の、規律と欲望が渦巻く学校。私の幸せは、正しいのか? 人間の倫理を問う、芥川賞受賞第一作初長篇。

  • 単行本 / 248頁
  • 2022.01.07発売
  • ISBN 978-4-309-03014-2

定価1,760円(本体1,600円)

○在庫あり

詳細を見る
日々のきのこ

日本文学

日々のきのこ

高原 英理

「まるまるとした茶色いものたちが一面に出ていて、季節だなと思う。どれもきのこである」(「所々のきのこ」より) ーー奇才が贈る新たなる「きのこ文学」の傑作、誕生。

  • 単行本 / 184頁
  • 2021.12.23発売
  • ISBN 978-4-309-03015-9

定価2,420円(本体2,200円)

△2週間~

詳細を見る
遺言歌

日本文学

遺言歌

なかにし 礼

眠れ、わが魂よ。永遠の自由のなかで、眠れ――。生と死を見据えながら、波瀾万丈の人生を歩み、2020年12月、惜しまれつつこの世を去った天才作家、渾身の私小説!初の単行本化。

  • 単行本 / 212頁
  • 2021.12.14発売
  • ISBN 978-4-309-02954-2

定価1,870円(本体1,700円)

○在庫あり

詳細を見る
虹いろ図書館のかいじゅうたち

日本文学

5分シリーズ+

虹いろ図書館のかいじゅうたち

櫻井 とりお

心凍らせた少女かおりといじめを受けた少年ケン。体の中にかいじゅうを飼い、出口を探す二人にイヌガミさんと図書館の人々は――?大好評シリーズ第3弾。世界は決してあなたを見捨てない。

  • 単行本 / 256頁
  • 2021.11.29発売
  • ISBN 978-4-309-03009-8

定価1,342円(本体1,220円)

○在庫あり

詳細を見る
薔薇色の門 誘惑

日本文学

薔薇色の門 誘惑
遠藤周作初期中篇

遠藤 周作

2023年、著者生誕100年の記念に際し、単行本未収録の幻の中篇二篇を収録。代表作の一つ『わたしが・棄てた・女』にも繋がる秘められた重要作。冴え渡るエンターテインメントの世界!

  • 単行本 / 256頁
  • 2021.11.27発売
  • ISBN 978-4-309-03006-7

定価1,980円(本体1,800円)

○在庫あり

詳細を見る
パパララレレルル

日本文学

パパララレレルル

最果 タヒ

「恋はいかづち。ラブイズサンダー。美しい雷が私の避雷針に飛んでいった。」 “物語”と“言葉”が弾ける26の小宇宙。最果タヒ、待望の短編集!

  • 単行本 / 196頁
  • 2021.11.25発売
  • ISBN 978-4-309-03004-3

定価1,760円(本体1,600円)

△2週間~

詳細を見る
親愛なるあなたへ

日本文学

親愛なるあなたへ

カンザキ イオリ

哀しみを乗りこえて創作活動に打ち込む春樹と雪が、高校の卒業式にたどり着いた答えとは!? 大ヒット『あの夏が飽和する。』を超える衝撃と感動の青春サスペンス!

  • 単行本 / 400頁
  • 2021.11.11発売
  • ISBN 978-4-309-03002-9

定価1,375円(本体1,250円)

○在庫あり

詳細を見る
かぐや姫、物語を書きかえろ!

日本文学

かぐや姫、物語を書きかえろ!

雀野 日名子

『竹取物語』の世界に生きる内気な姫さよと勝気な姫ごう。自由を求め物語の神に反旗を翻した二人は、『源氏物語』『蟹工船』など物語の結末を書きかえてゆく!痛快名作エンタテインメント。

  • 単行本 / 320頁
  • 2021.11.04発売
  • ISBN 978-4-309-03007-4

定価1,837円(本体1,670円)

○在庫あり

詳細を見る
あなたに安全な人

日本文学

あなたに安全な人

木村 紅美

人を死なせた女と男の、孤独で安全な逃亡生活――。3.11直前の少年の死をめぐる海難事故と、沖縄新基地建設反対デモ警備中の出来事が、「感染者第一号」を誰もが恐れる地で交差する。

  • 単行本 / 152頁
  • 2021.10.27発売
  • ISBN 978-4-309-02997-9

定価1,837円(本体1,670円)

○在庫あり

詳細を見る
二千億の果実

日本文学

二千億の果実

宮内 勝典

津原泰水氏、斉藤壮馬氏絶賛……耳を澄ますと聞こえてくる、二千億の魂の叫び。「見つけて、わたしを見つけて!」――閉塞した世界に木霊する、宮内文学の新たな挑戦!

  • 単行本 / 292頁
  • 2021.10.22発売
  • ISBN 978-4-309-02993-1

定価2,475円(本体2,250円)

○在庫あり

詳細を見る
弟切抄 ―鎌倉幕府草創記―

日本文学

弟切抄 ―鎌倉幕府草創記―

森山 光太郎

約700年わたる武士政権の礎を築いた源氏の血脈。だが平家を討ってなお、争いのない世を構築するためには、まだ流さねばならぬ血があった──大変革を支えた源範頼の人生を描く!!

  • 単行本 / 288頁
  • 2021.10.22発売
  • ISBN 978-4-309-02996-2

定価1,892円(本体1,720円)

○在庫あり

詳細を見る
秋のカテドラル

日本文学

秋のカテドラル
遠藤周作初期短篇集

遠藤 周作

1955年の芥川賞受賞直後の頃に発表された、単行本未収録の貴重な作品を収録。『海と毒薬』や『沈黙』につながる秘められた幻の短篇14作。瑞々しい筆致で描かれた、若き日の秀作!

  • 単行本 / 260頁
  • 2021.10.22発売
  • ISBN 978-4-309-02998-6

定価1,980円(本体1,800円)

△2週間~

詳細を見る