ジャンル: 
  1. 日本文学 > 
  2. 小説

単行本

ダンシングタマイレ

ダンシング玉入れ

中山 可穂

単行本 46 ● 212ページ
ISBN:978-4-309-03037-1 ● Cコード:0093
発売日:2022.05.24

定価1,760円(本体1,600円)

○在庫あり

  • 主人公は殺し屋、ターゲットは宝塚のトップスター! 「宝塚×ノワール」をシリアスかつユーモラスに描いた、著者4年ぶりの最新小説!

    暗殺者のターゲットは宝塚のトップスター!
    元花組男役の天真みちる氏推奨!
    「ダンシング玉入れってなに!?と思ったアナタ、絶対読んでください!」
                  byダンシング玉入れ出場経験者
                  ーー天真みちる(元宝塚歌劇団花組)

    著者4年ぶりとなる最新小説は、
    宝塚×ノワール=コメディ!?


    孤高の殺し屋コリオレイナスに新たな依頼が届く。
    ターゲットは宝塚歌劇団月組のトップスター・三日月傑。
    ヅカオタの協力員ハーミアとともにトップスターの命を付け狙うのだが——。
    果たして殺し屋は任務を完遂できるのか!?

    『男役』『娘役』『銀橋』の宝塚シリーズで宝塚小説という新しいジャンルを確立し、
    『ゼロ・アワー』でノワールに挑戦した中山可穂が、
    それぞれのスピンオフともいえる新境地小説を4年ぶりに書き下ろした。

    ダンシング玉入れとは、一体何だ?
    めくるめく秘密の花園に足を踏み入れた殺し屋がたどる数奇な運命とは!?
    『ゼロ・アワー』でおなじみの殺し屋組織・沙翁商会のメンバーも登場!
    魅惑のサンバにのって暗殺者とターゲットの摩訶不思議なドラマが幕を開ける。

著者

中山 可穂 (ナカヤマ カホ)

1960年生まれ。早稲田大学卒。93年『猫背の王子』でデビュー。95年『天使の骨』で朝日新人文学賞、2001年『白い薔薇の淵まで』で山本周五郎賞を受賞。著書多数。

この本の感想をお寄せください

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお気軽にお寄せください。
投稿された内容は、弊社ホームページや新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
※は必須項目です。恐縮ですが、必ずご記入をお願いいたします。
※こちらにお送り頂いたご質問やご要望などに関しましては、お返事することができません。
あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちら




 歳