ジャンル: 
  1. 歴史・地理・民俗 > 
  2. 世界の歴史

単行本

ニュルンベルクインタビュー01

ニュルンベルク・インタビュー 上

レオン・ゴールデンソーン

ロバート・ジェラトリー

小林 等

高橋 早苗

浅岡 政子

単行本 46 ● 380ページ
ISBN:978-4-309-22440-4 ● Cコード:0022
発売日:2005.11.22

定価2,640円(本体2,400円)

×品切・重版未定

  • ニュルンベルク裁判中に、ナチス幹部たちに対して精神科医が行なったインタビューの生々しい記録。大量虐殺を含め、彼らの動機や考え方や精神性などが克明に記された、第一級の史料。

著者

レオン・ゴールデンソーン (ゴールデンソーン,L)

1911年、ニューヨーク生まれ。内科医。精神科医。ジョージ・ワシントン大学医学部で博士号取得。その後、神経学、精神医学も修める。アメリカ陸軍の軍医として、1943年にヨーロッパ戦域に参加。終戦時は少佐。戦後、ニュルンベルク裁判中に収容所付き精神分析医となる。裁判が始まって6週間経った1946年1月初旬から同年6月下旬まで、21名のナチス被告の精神面での健康に責任を負うと同時に、多数の証人にも面会する。1961年に心臓発作で死去したため、出版計画は消え、インタビューのメモが未亡人の手に残されていた。

ロバート・ジェラトリー (ジェラトリー,R)

小林 等 (コバヤシ ヒトシ)

高橋 早苗 (タカハシ サナエ)

翻訳家。芸術関連の訳者に、『ピカソ 偽りの伝説』『ヨーロッパの略奪 ナチス・ドイツ占領下における美術品の運命』『世界の図書館』『色彩・配色・混色』『内なる創造性を引き出せ』など。

浅岡 政子 (アサオカ マサコ)

翻訳家。共訳書に、バー編『キッシンジャー[最高機密]会話録』、コーン『世界戦争事典』、グレイリング『大空襲と原爆は本当に必要だったのか』、ゴールデンソーン『ニュルンベルク・インタヴュー』など多数。

この本の感想をお寄せください

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお気軽にお寄せください。
投稿された内容は、弊社ホームページや新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
※は必須項目です。恐縮ですが、必ずご記入をお願いいたします。
※こちらにお送り頂いたご質問やご要望などに関しましては、お返事することができません。
あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちら




 歳