単行本

ワタシハガスシツノトクシュニンムヲシテイタ

私はガス室の「特殊任務」をしていた

知られざるアウシュヴィッツの悪夢

シュロモ・ヴェネツィア

鳥取 絹子

受賞
読売

単行本 46 ● 256ページ
ISBN:978-4-309-22495-4 ● Cコード:0022
発売日:2008.12.12

定価2,200円(本体2,000円)

×品切

  • アウシュヴィッツ収容所で殺された同胞たちをガス室から搬出し焼却棟で遺体を焼く仕事を強制された特殊任務部隊があった。ユダヤ人生存者がその惨劇を問答形式で克明に語る衝撃の書。

著者

シュロモ・ヴェネツィア (ヴェネツィア,S)

1923年、ギリシャのテッサロニキ生まれのイタリア系ユダヤ人。21歳のときにアウシュヴィッツ=ビルケナウに強制収容され、特殊任務部隊で同胞の遺体処理という地獄の体験をする。本来なら収容所解放前に抹殺される運命だったが、奇跡的に逃れて生き延びた数少ない生存者のひとり。1992年からこの惨劇を広く伝えるために講演活動を始め、現地へも研究者や政治家などとともに50回近く訪れている。

鳥取 絹子 (トットリ キヌコ)

フランス語翻訳家、ジャーナリスト。お茶の水女子大学卒業。訳書は、『素顔のココ・シャネル』、『私はガス室の「特殊任務」をしていた』、『バルテュス、自身を語る』、『帝国の最期の日々』など、多数。

この本の感想をお寄せください

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお気軽にお寄せください。
投稿された内容は、弊社ホームページや新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
※は必須項目です。恐縮ですが、必ずご記入をお願いいたします。
※こちらにお送り頂いたご質問やご要望などに関しましては、お返事することができません。
あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちら




 歳