ジャンル: 
  1. 哲学・思想・宗教 > 
  2. 哲学・思想

単行本

ゲンショウガクトハナニカ

現象学とは何か

哲学と学問を刷新する

竹田 青嗣 編著

西研 編著

単行本 46 ● 320ページ
ISBN:978-4-309-24989-6 ● Cコード:0010
発売日:2020.12.26

定価2,420円(本体2,200円)

○在庫あり

  • 現象学の核心とは何か。フッサール現象学への首尾一貫した解釈を提示し、これまでの現象学理解を批判的に検討した上で、教育学・社会学・医学・心理学への豊かな応用可能性を拓く。

    いまこそ現象学にできること。
    その根本動機と方法をあらためて明らかにし、
    現代思想などによるこれまでの現象学理解を批判しながら、
    教育学・社会学・医学・心理学への応用可能性をひらく―――
    本質学の核心へ、新たなるマニフェスト!

    【目次】
    まえがき いまなぜ現象学か(竹田青嗣)
    竹田青嗣 【総論①】ヨーロッパ認識論における「パラダイムの変更」
    西 研 【総論②】本質観取をどのように行うか──現象学の方法と哲学的人間論
    石川輝吉 【現代哲学と現象学】現代思想と現象学批判
    苫野一徳 【教育学と現象学】教育の本質学──教育学の指針原理の解明
    平原 卓 【社会学と現象学】社会の本質学のために
    行岡哲男 【医療/医学と現象学】「正しい判断」の不可能性を超える
    山竹伸二 【心理学と現象学】本質論からみた人間心理
    岩内章太郎 【現代現象学の諸潮流】本質を獲得するとはいかなることか
    あとがき(西 研)

著者

竹田 青嗣 (タケダ セイジ)

1947年、大阪府生まれ。哲学者。早稲田大学名誉教授。著書に『哲学とは何か』『欲望論(全2巻)』『超解読!はじめてのフッサール『現象学の理念』』『自分を知るための哲学入門』『現象学入門』など多数。

西研 (ニシケン)

1957年、鹿児島県生まれ。哲学者。東京医科大学哲学教室教授。著書に『哲学は対話する』『哲学の練習問題』『集中講義 これが哲学!』『哲学的思考』『ヘーゲル・大人のなりかた』『実存からの冒険』など多数。

この本の感想をお寄せください

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお気軽にお寄せください。
投稿された内容は、弊社ホームページや新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
※は必須項目です。恐縮ですが、必ずご記入をお願いいたします。
※こちらにお送り頂いたご質問やご要望などに関しましては、お返事することができません。
あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちら




 歳