単行本

グリラーレシピ コンガリシットリオカズ

グリラーレシピ こんがり&しっとりおかず

魚焼きグリルで肉・魚・野菜がおいしくなる!

岡本 ゆかこ

単行本 B5 ● 96ページ
ISBN:978-4-309-28941-0 ● Cコード:0077
発売日:2021.12.13(予定)

予価1,320円(本体1,200円)

※未刊

  • 香ばしい焼き目を楽しみたい肉・魚のグリルやグラタンなどの「こんがり」と余熱で柔らかく旨みの詰まった蒸し焼き料理の「しっとり」。グリラーなら、毎日のおいしいごはんがすぐ出来る!

    ★おいしい!便利!と話題の「GRILLER(グリラー)」公式レシピブックです。

    グリラーは、耐熱陶器製の調理ツール。
    遠赤外線効果で、食材の栄養や旨みをのがさず、おいしく仕上げてくれます。
    お肉はジューシーに、お魚はふわふわしっとり、野菜は旨みが凝縮されて味がしっかり感じられる仕上がりに。

    しかも、魚焼きグリル、電子レンジ、オーブン、トースター、直火など、さまざまな熱源で使えるのも魅力。食卓にそのまま出せて、保温性が高いのも嬉しいポイントです。

    「はじめまして」の方も、「いつもどうも」の方も、「お久しぶり」の方も。
    みなさんに試していただきたくて、グリラーレシピをお届けします。

    毎日のごはんづくりを「簡単に、でもちゃんとおいしく」してくれるグリラー。
    一つあれば、おつまみからメイン、おもてなしまで。

    --------

    掲載メニュー

    ◆Part.1 こんがりおかず

    チーズチキンカツ
    鶏1枚肉のマスタードチキン
    マッシュポテトとひき肉のグラタン
    バーベキュースペアリブ
    塩豚とりんごのローズマリーグリル
    こねないハンバーグ
    れんこんとホタテのミルフィーユグラタン
    鶏肉と厚揚げのアジア串焼き ピーナッツソース
    くるみみそ焼きラムチョップ
    サーモンアボカドタルタル
    揚げないアジフライ
    ブリの甘酒焼き
    サバのごま焼き
    サンマのねぎ巻き
    焼きシシャモ グリーンソース
    ホタテとミニトマトのアヒージョ
    タラのベーコン巻き
    イカの韓国焼き
    なすのトマトフィリンググリル
    クリスピーポテト
    ベビーキャロットのローストとブルーチーズ
    しいたけのおかかチーズのせ
    焼きとうもろこし


    ◆Part.2 しっとりおかず

    鶏むねチリチキン
    チキンとレモンのモロッコ煮
    青菜のフランス風蒸し煮
    しっとりよだれ鶏
    さつまいものベトナムカレー煮
    鶏の塩じゃが
    スタミナねぎレバー
    ポークチャップ
    豚ロースのディアボラ風
    豆入りキーマカレー
    麻婆なす
    ごぼうと牛肉のごまよごし
    アジの中華アクアパッツァ
    タラときのこの花椒ニラソース
    かぼちゃほっくりサバそぼろ
    イワシの梅酢蒸し
    カキのフランス風白い煮込み
    エビと長いものスイチリマヨ
    キャベツステーキ じゃこソース
    フラメンカエッグ
    ヤムウンセン
    オクラとカリフラワーのインド蒸し煮
    パプリカレモンマリネ
    ソーセージとザワークラウト風さっと煮
    なすの焼き浸し
    きのこのホットマリネ

    Part.3 ごはん・麺・主食

    エビのグリーンカレーパエリア
    しっとりルーロー飯
    カルボナーラ
    ボンゴレスパゲティ
    アジア焼きそば
    サバのインド風炊き込みごはん
    キャベツたっぷりのタコお好み

    ◎グリラーだから二度おいしい! シメのもう一品
    チーズリゾット/トマトリゾット/ピリ辛うどん


    column.1◆こんがりレシピにおすすめ! パン粉アレンジ
    シナモンパン粉/バジルパン粉/チーズパン粉/
    クミンパン粉/エビパン粉/ハーブパン粉

    column.2◆お酒にぴったり! グリラーミニでちょこっとおつまみ
    枝豆のしそバター/焼きカマンベールとブロッコリー/
    冷凍ポテトとスイチリサワークリーム

    column.3◆魚焼きグリルでできる! ごほうびデザート
    焼きかぼちゃキャラメリゼ/ベイクドアップル
    大学いも風/オレンジのフレンチトースト

著者

岡本 ゆかこ (オカモト ユカコ)

お菓子・料理教室「atelier plus+」主宰。アフタヌーンティー・ティールームに勤務後、海外の食文化を学びにサンフランシスコへ。現在は教室を運営しながら広告、雑誌、書籍のコーディネートを行う。

この本の感想をお寄せください

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお気軽にお寄せください。
投稿された内容は、弊社ホームページや新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
※は必須項目です。恐縮ですが、必ずご記入をお願いいたします。
※こちらにお送り頂いたご質問やご要望などに関しましては、お返事することができません。
あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちら




 歳