河出文庫 ス4-1

ヒーラサイボウノスウキナウンメイ

ヒーラ細胞の数奇な運命

医学の革命と忘れ去られた黒人女性

レベッカ・スクルート

中里 京子

河出文庫 文庫 ● 624ページ
ISBN:978-4-309-46730-6 ● Cコード:0147
発売日:2021.03.08

定価1,562円(本体1,420円)

○在庫あり

  • ある黒人女性から同意なく採取され、「不死化」したヒト細胞。医学に大きく貢献したにもかかわらず、彼女の存在は無視されてきた――。生命倫理や人種問題をめぐる衝撃のベストセラー・ノンフィクション。

    若くして癌で亡くなった黒人女性ヘンリエッタ・ラックス(1920〜1951)。彼女の同意なしに採取された細胞は、世界初の“不死化したヒト細胞”となった。彼女の死後も生きつづける細胞は“HeLa”(ヒーラ)と名付けられ、医学に多大な貢献をした。一方で、彼女自身の名前は隠され、遺族も事実を長年知らされることはなかった――。医学・倫理・人種・信仰などをめぐる衝撃のベストセラー・ノンフィクション。
    原題:The Immortal Life of Henrietta Lacks(2010年刊)

著者

レベッカ・スクルート (スクルート,レベッカ)

アメリカのサイエンス・ライター。調査と執筆に10年以上を費やした著書『ヒーラ細胞の数奇な運命』は『ニューヨーク・タイムズ』紙ベストセラーリストになるなど高い評価を受けた。

中里 京子 (ナカザト キョウコ)

翻訳家。黄之鋒他『言論の不自由:香港、そしてグローバル民主主義にいま何が起こっているのか』、ジェイコブセン『ハチはなぜ大量死したのか』、トンプソン『依存症ビジネス』など多数。

この本の感想をお寄せください

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお気軽にお寄せください。
投稿された内容は、弊社ホームページや新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
※は必須項目です。恐縮ですが、必ずご記入をお願いいたします。
※こちらにお送り頂いたご質問やご要望などに関しましては、お返事することができません。
あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちら




 歳