河出文庫 マ11-1

ガルシアマルケスチュウタンペンケッサクセン

ガルシア=マルケス中短篇傑作選

ガブリエル・ガルシア=マルケス

野谷 文昭

河出文庫 文庫 ● 328ページ
ISBN:978-4-309-46754-2 ● Cコード:0197
発売日:2022.07.06

定価1,320円(本体1,200円)

△2週間~

  • 「大佐に手紙は来ない」「純真なエレンディラと邪悪な祖母の信じがたくも痛ましい物語」など、世界文学最高峰が創りだした永遠の物語。著者の多面的な魅力を凝縮した新訳アンソロジー。

著者

ガブリエル・ガルシア=マルケス (ガブリエル,ガルシア,マルケス)

1927年コロンビア生まれ。20世紀後半の世界文学を代表する作家。55年長篇『落葉』で作家デビュー。67年記念碑的傑作『百年の孤独』を発表し、「ラテンアメリカ文学のブーム」を主導した。2014年没。

野谷 文昭 (ノヤ フミアキ)

1948年生まれ。東京大学名誉教授。ラテンアメリカ文学・映画研究の第一人者。訳書に、ガルシア=マルケス『予告された殺人の記録』、ボルヘス『七つの夜』、プイグ『蜘蛛女のキス』、ボラーニョ『2666』等。

この本の感想をお寄せください

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお気軽にお寄せください。
投稿された内容は、弊社ホームページや新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
※は必須項目です。恐縮ですが、必ずご記入をお願いいたします。
※こちらにお送り頂いたご質問やご要望などに関しましては、お返事することができません。
あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちら




 歳