ジャンル: 
  1. 日本文学 > 
  2. 評論・研究

シリーズ: 
  1. 14歳の世渡り術

全集・シリーズ

ショートショートデヒラメクブンショウキョウシツ

ショートショートでひらめく文章教室

田丸 雅智

単行本 46 ● 208ページ
ISBN:978-4-309-61730-5 ● Cコード:0395
発売日:2021.04.14

定価1,562円(本体1,420円)

○在庫あり

  • 文章を書く、物語を作るって、こんなにも楽しい! 理系出身で現代きってのショートショートの旗手が教える論理力も身に付く発想法&書き方のメソッド。新作ショートショートも多数掲載。

  • <もくじ>


    はじめに 

    第1章 言葉の組み合わせから考える
    【Part1 ひとつの言葉を分解してみる】
    ・言葉の組み合わせで「不思議な言葉」を作る
    ・【尻尾があるバスケ】の場合
    ・猫の尻尾の「いいこと」「悪いこと」って?
    ・細かい要素を掘り下げて結末をイメージする 
    ★ショートショート「猫バスケ」
     ・アイデアとは、既存の要素の新しい組み合わせ
    【Part2 おもしろそうな言葉をくっつけてみる】
    ・【種から育つ先生】の場合
    ・先生を「種から育てる」ことの「いいこと」「悪いこと」って?
    ・「それから?」「それから?」と質問しながら膨らませる
    ★ショートショート「先生の種」
    ・大事なのは完成したお話に納得できるかどうか

    第2章 身の回りの言葉から考える
    【Part1 ことわざ・慣用句から考える】
    ・その言葉の通りの現象が実際に起こったら?
    ・ことわざ本来の意味に関連付けて考えてみる
    ★ショートショート「身から出たさび」
    ・【コツをつかむ】の場合
    ・もとの意味を活かすことでアイデアに説得力が生まれる
    ★ショートショート「コツをつかむ」
    【Part2 言葉遊びから考える】
    ・わざと変換ミスを起こしてみる
    ★ショートショート「霊蔵庫」
    ・似た発音の言葉から考える
    ★ショートショート「クスリ手帳」
    ・言葉があるところに、アイデアのヒントがある

    第3章 ビジュアルの類似から考える
    【Part1 形が似た別のもの同士を組み合わせてみる】
    ・【割り箸】の場合
    ・あまり似すぎていないものを選ぶのがオススメ
    ★ショートショート「ワニバシ」
    ・【天気図】の場合 
    ・お話になりそうな「天気図あるある」って?
    ★ショートショート「指紋予報士」
    ・日本古来の発想法「見立てる」

    第4章 当たり前のことから考える
    【Part1 特徴や「あるある」から考える】
    ・アイデアを生みだす3つの技
    ・実現できそうにないところまでアイデアを飛ばしてみる
    ★ショートショート「ウィル」
    【Part2 常識やルールから考える】       
    ・学校で「白い靴下が禁止」になったら?
    ★ショートショート「白い靴下」
    ・当たり前を「当たり前」と思いこまないことがスタート

    おわりに

著者

田丸 雅智 (タマル マサトモ)

1987年、愛媛県生まれ。東京大学工学部、同大学院工学系研究科卒。現代ショートショートの旗手として執筆活動に加え、全国各地で創作講座を開催している。著書に『海色の壜』『おとぎカンパニー』など多数。

この本の感想をお寄せください

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお気軽にお寄せください。
投稿された内容は、弊社ホームページや新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
※は必須項目です。恐縮ですが、必ずご記入をお願いいたします。
※こちらにお送り頂いたご質問やご要望などに関しましては、お返事することができません。
あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちら




 歳