ジャンル: 
  1. 外国文学 > 
  2. 随筆・紀行・評論・研究

シリーズ: 
  1. 世界探検全集

全集・シリーズ

テンザンキコウ

天山紀行

ピョートル・セミョーノフ=チャン=シャンスキイ

樹下 節

森 薫 解説

受賞
全国学校図書館協議会選定図書

単行本 46変形 ● 330ページ
ISBN:978-4-309-71187-4 ● Cコード:0398
発売日:2023.09.22

定価2,530円(本体2,300円)

○在庫あり

  • 中央アジアと内陸アジアを分かつ“謎の天山山脈”を初の地理学的方法で踏査、天山高地の自然とロシアの風俗を描写して、探検史上に新時代を画した名著!ナビゲーション:漫画家・森薫

著者

ピョートル・セミョーノフ=チャン=シャンスキイ (シャンスキイ,ピョートル・セミョーノフ=チャン)

ロシアの地理・植物学者で探検家。1856年と1857年に2度にわたり天山山脈の奥地を探検。イッスィク=クル湖周辺を踏査し、数十種の未知の植物を発見。流刑地での文豪ドストエフスキイと邂逅した挿話は有名。

樹下 節 (ジュゲ タカシ)

東京外国語学校専科(ロシア語科)中退。蒙古研究所員、民族学協会研究員を経て、翻訳に従事。主な訳書にヴェ・ヤン『ジンギス汗』『バト汗西へ行く』『地の果てまで』、イリイン&セガール『人間のあゆみ』など。

森 薫 (モリ カオル)

漫画家。中央アジアを舞台にした『乙嫁語り』(二〇一四年マンガ大賞大賞受賞)では、現地取材と丹念な資料精査により、緻密に文化・風俗を描き評価を得る。「中央アジア+日本」のイメージキャラクターも手掛ける。

この本の感想をお寄せください

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお気軽にお寄せください。
投稿された内容は、弊社ホームページや新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
※は必須項目です。恐縮ですが、必ずご記入をお願いいたします。
※こちらにお送り頂いたご質問やご要望などに関しましては、お返事することができません。
あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちら




 歳