検索結果

中上 健次 (ナカガミ ケンジ)

1946年和歌山県生まれ。74年『十九歳の地図』でデビュー。76年『岬』で芥川賞、77年『枯木灘』で毎日出版文化賞、芸術選奨新人賞を受賞。他の作品に『千年の愉楽』『地の果て 至上の時』『日輪の翼』等。

13件中 113件を表示 | 表示件数   件

中上健次

日本文学

池澤夏樹=個人編集 日本文学全集 全30巻

中上健次

中上 健次

母をモデルにした長編「鳳仙花」、『千年の愉楽』より「半蔵の鳥」他短編、故郷・紀州のルポ作品等を収録。欲望と悲しみ・憤りを辺境の地・熊野を舞台に描いた中上健次の小宇宙。

  • 単行本 / 500頁
  • 2015.01.14発売
  • ISBN 978-4-309-72893-3

定価3,080円(本体2,800円)

○在庫あり

詳細を見る
枯木灘

文庫・新書

枯木灘

中上 健次

熊野を舞台に繰り広げられる業深き血のサーガ……日本文学に新たな碑を打ち立てた著者初長編にして圧倒的代表作。後日談「覇王の七日」を新規収録。毎日出版文化賞他受賞。

  • 河出文庫 / 440頁
  • 2015.01.07発売
  • ISBN 978-4-309-41339-6

定価814円(本体740円)

○在庫あり

詳細を見る
十九歳の地図

文庫・新書

十九歳の地図

中上 健次

「俺は何者でもない、何者かになろうとしているのだ」――東京で生活する少年の拠り所なき鬱屈を瑞々しい筆致で捉えたデビュー作。全ての十九歳に捧ぐ青春小説の金字塔。

  • 河出文庫 / 264頁
  • 2015.01.07発売
  • ISBN 978-4-309-41340-2

定価748円(本体680円)

○在庫あり

詳細を見る
奇蹟

文庫・新書

奇蹟

中上 健次

金色の小鳥が群れ夏芙蓉の花咲き乱れる路地。高貴にして淫蕩の血に澱んだ仏の因果を背負う一統で、「闘いの性」に生まれついた極道タイチの短い生涯。人間の生と死、その罪と罰が語られた崇高な世界文学。

  • 河出文庫 / 472頁
  • 2014.12.08発売
  • ISBN 978-4-309-41337-2

定価1,320円(本体1,200円)

○在庫あり

詳細を見る
日輪の翼

文庫・新書

日輪の翼

中上 健次

路地を出ざるをえなくなった青年と老婆たちは、トレーラー車で流離の旅に出ることになる。熊野、伊勢、一宮、恐山、そして皇居へ、追われゆく聖地巡礼のロードノベル。

  • 河出文庫 / 400頁
  • 2012.09.06発売
  • ISBN 978-4-309-41175-0

定価1,045円(本体950円)

○在庫あり

詳細を見る
中上健次と読む『いのちとかたち』

日本文学

中上健次と読む『いのちとかたち』

中上 健次高澤 秀次

不世出の作家、中上健次の、早すぎる死の前に残した講演テープに語られる魂と死の文学観。山本健吉『いのちのかたち』に対峙しつつ、信仰や神を基底にすえて壮大に挑む貴重な日本文化論。

  • 単行本 / 336頁
  • 2004.07.22発売
  • ISBN 978-4-309-01646-7

定価2,200円(本体2,000円)

×品切・重版未定

詳細を見る
千年の愉楽

文庫・新書

千年の愉楽

中上 健次

熊野の山々のせまる紀州南端の地を舞台に、高貴で不吉な血の宿命を分かつ若者たち――色事師、荒くれ、夜盗、ヤクザら――の生と死を、神話的世界を通し過去・現在・未来に自在に映しだす新しい物語文学。

  • 河出文庫 / 296頁
  • 1992.10.09発売
  • ISBN 978-4-309-40350-2

定価660円(本体600円)

○在庫あり

詳細を見る
中上健次全短篇小説

日本文学

中上健次全短篇小説

中上 健次

破壊と創造をつらぬき、現代文学に巨大な可能性を拓いた新世代の旗手の、15年にわたる画期的な歩みを1巻に集大成。解説=川村二郎 付録=収録作の時評・書評集。

  • 単行本 / 944頁
  • 1984.03.24発売
  • ISBN 978-4-309-00362-7

定価10,893円(本体9,903円)

×品切・重版未定

詳細を見る
千年の愉楽

日本文学

千年の愉楽

中上 健次

熊野の山々がせまる紀州南端の地を舞台に、高貴で不吉な血の宿命を分かちあう若者たちの生と死を、神話的伝承の世界を通して過去・現在・未来に自在に映し出す新たな物語文学の誕生。

  • 単行本 / 248頁
  • 1982.08.25発売
  • ISBN 978-4-309-00173-9

定価1,078円(本体980円)

×品切・重版未定

詳細を見る
十九歳の地図

文庫・新書

十九歳の地図

中上 健次

閉ざされた現代文学に巨大な可能性を切り拓いた、時代の旗手の第一創作集――故郷の森で生きる少年たち、都会に住む若者のよる辺ない真情などを捉え、新文学世代の誕生を告知した出発の書!

  • 河出文庫 / 224頁
  • 1981.06.04発売
  • ISBN 978-4-309-40014-3

定価550円(本体500円)

×品切・重版未定

詳細を見る
枯木灘

文庫・新書

枯木灘

中上 健次

自然に生きる人間の原型と向き合い、現実と物語のダイナミズムを現代に甦えらせた著者初の長篇小説。毎日出版文化賞と芸術選奨文部大臣新人賞に輝いた新文学世代の記念碑的な大作!

  • 河出文庫 / 320頁
  • 1980.06.04発売
  • ISBN 978-4-309-40002-0

定価627円(本体570円)

×品切・重版未定

詳細を見る
枯木灘

日本文学

枯木灘

中上 健次

このいとおしい思い、この激情――人の寄って立つ土地と血への愛と痛みとを、自然のうちに探って、現実と物語のダイナミズムを現代に甦らす著者初の長篇。

  • 単行本 / 300頁
  • 1977.05.27発売
  • ISBN 978-4-309-00071-8

定価1,602円(本体1,456円)

×品切・重版未定

詳細を見る
十九歳の地図

日本文学

十九歳の地図

中上 健次

兄の自殺によって母系一族の運命に初めて向いあった「一番はじめの出来事」、都会に生きる若者の寄る辺ない真情を描いた「十九歳の地図」。新世代を告知した注目の第1創作集。

  • 単行本 / 218頁
  • 1974.08.15発売
  • ISBN 978-4-309-00147-0

定価1,320円(本体1,200円)

×品切・重版未定

詳細を見る