検索結果

高山 羽根子 (タカヤマ ハネコ)

1975年富山県生まれ。2009年「うどん キツネつきの」で第1回創元SF短編賞佳作に入選。16年「太陽の側の島」で林芙美子文学賞大賞を受賞。著書に『オブジェクタム』『居た場所』他。

2件中 12件を表示 | 表示件数   件

小説版 韓国・フェミニズム・日本

外国文学

小説版 韓国・フェミニズム・日本

チョ・ナムジュ松田 青子デュナ西 加奈子ハン・ガンイ・ラン小山田 浩子高山 羽根子深緑 野分星野 智幸

創刊以来86年ぶりの3刷となった「文藝」の特集「韓国・フェミニズム・日本」から日韓の書き手たちによる短編小説を集め、チョ・ナムジュの初邦訳「離婚の妖精」、松田青子の書き下ろしを加えた決定版。

  • 単行本 / 320頁
  • 2020.05.27発売
  • ISBN 978-4-309-02883-5

定価1,980円(本体1,800円)

○在庫あり

詳細を見る
居た場所

日本文学

居た場所

高山 羽根子

かつて実習留学生としてやってきた私の妻・小翠(シャオツイ)。表示されない海沿いの街の地図を片手に、私と彼女の旅が始まる。記憶と存在の不確かさを描き出す、第160回芥川賞候補作。

  • 単行本 / 168頁
  • 2019.01.17発売
  • ISBN 978-4-309-02776-0

定価1,540円(本体1,400円)

○在庫あり

詳細を見る