単行本

サヨナラハンリュウ

さよなら、韓流

北原 みのり

単行本 46 ● 208ページ
ISBN:978-4-309-02160-7 ● Cコード:0095
発売日:2013.02.22

定価1,404円(本体1,300円)

×品切・重版未定

  • なぜ日本の女たちは、こんなにも狂おしく韓流を求めるのか――? 女の欲望としての「韓流」で見えてくる、韓国と日本の女と男の姿。上野千鶴子他、8人の女性たちとの対談も収論。

    ヨンさま降臨からはや10年。あの日から、日本の女の欲望の形は大きく変わった。自身も〈韓流〉に「どはまり」し、〈韓流〉で叩かれまくった北原みのりがそれでも書く。私たちはなぜこんなにも〈韓流〉を愛してしまったのか? これは、韓流にはまった一人の女のドキュメント。そして、女たちの欲望史!


    〈韓流〉で見えてきた、韓国と日本、日本の女と男の姿——
    ● ヨン様が開いてくれた欲望の扉
    ● 東方神起で目覚めた男の美しさ
    ● 新大久保は女の解放区
    ● 女の楽園を潰さないで!
    ● これはピュアすぎる性欲なのか?
    ● 日本の男らしさと韓国の男らしさ
    ● 日本女の絶望が韓流ブームを生んだ?
    ● 韓流おばさんやめてくださいとか言われても
    ● 男のアイデンティティーの正体(9センチ) …他

    女たちとの〈韓流〉対談も収録!
    ●「韓流はフェミである!」×信田さよ子×澁谷知美
    ● 「韓流は女子のボーダーライン!?」×西森路代
    ● 「女の欲望が、韓国ドラマをつくる!」×山下英愛
    ● 「女子のために生まれた、韓流という奇祭」×少年アヤちゃん
    ● 「在日コリアンがみた『韓流』」×韓東賢
    ● 「エロの現場で、韓流に愛を叫ぶ」×牧野江里(SILK LABO)
    ● 「あえて反論。韓流でいいのか日本の女」×上野千鶴子

著者

北原 みのり (キタハラ ミノリ)

1970年神奈川県生まれ。作家。津田塾大学卒。96年フェミニズムの視点で女性のためのセックストーイショップ「ラブピースクラブ」設立。著書に『毒婦。』、『奥さまは愛国』『性と国家』(共著)など多数。

この本の感想をお寄せください

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお気軽にお寄せください。
投稿された内容は、弊社ホームページや新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
※は必須項目です。恐縮ですが、必ずご記入をお願いいたします。
※こちらにお送り頂いたご質問やご要望などに関しましては、お返事することができません。
あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちら




 歳