ジャンル: 
  1. 政治・経済・社会 > 
  2. 社会

妻として、国として国に尽くす女性たち————。
なぜ〈普通の主婦〉が愛国活動にはまるのか?

単行本

オクサマハアイコク

奥さまは愛国

北原 みのり

朴 順梨

単行本 46 ● 240ページ
ISBN:978-4-309-24649-9 ● Cコード:0036
発売日:2014.02.27

定価1,540円(本体1,400円)

○在庫あり

  • いま日本で、愛国の思想を持ち、活動に関わる女性が増加している。 彼女たちの動機は何か、社会に望むものは何か。フェミニストと元・在日韓国人がそれぞれの視点でルポルタージュする。

    いま、この国では、愛国の思想を持ち、活動にはまる女性たちが増加している。
    日の丸を掲げ、嫌韓を叫ぶヘイトスピーチをも率先しておこなうその女性たちは、家に帰れば夫や子どもに食事を用意する、隣の〈普通の主婦〉でもある。
    彼女たちの動機は何か、社会に望むものは何か、そして何を愛し、守ろうとしているのか。

    明治神宮、新大久保、幼児学校、皇居、朝鮮学校、靖国神社…etc
    「愛国女性」たちの活動の場を訪ね、フェミニストと元・在日韓国人三世が、それぞれの視点で聞いて、考えた渾身のルポルタージュ。

  • 第一章 2013年5月 花時計
    第二章 排外デモと女たち
    第三章 朝鮮学校で愛国を考える
    第四章 日本に奉仕する女たち
    第五章 国は家族なのか?

著者

北原 みのり (キタハラ ミノリ)

1970年神奈川県生まれ。作家。津田塾大学卒。96年フェミニズムの視点で女性のためのセックストーイショップ「ラブピースクラブ」設立。著書に『毒婦。』、『奥さまは愛国』『性と国家』(共著)など多数。

朴 順梨 (パク スニ)

1972年、群馬県生まれ。早稲田大学卒業後、TV制作・情報誌編集を経てフリーライターとなり、「AERA」等に寄稿。元・在日韓国人三世。著書に『韓国のホンネ』(安田浩一氏との共著)『離島の本屋』がある。

この本の感想をお寄せください

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお気軽にお寄せください。
投稿された内容は、弊社ホームページや新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
※は必須項目です。恐縮ですが、必ずご記入をお願いいたします。
※こちらにお送り頂いたご質問やご要望などに関しましては、お返事することができません。
あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちら




 歳