ジャンル: 
  1. 哲学・思想・宗教 > 
  2. 哲学・思想

シリーズ: 
  1. 河出ブックス

全集・シリーズ

サイバンノゲンテン

裁判の原点

社会を動かす法学入門

大屋 雄裕

受賞
読売

単行本 B6 ● 248ページ
ISBN:978-4-309-62509-6 ● Cコード:0332
発売日:2018.01.19

定価1,620円(本体1,500円)

○在庫あり

  • 私たちは、裁判に何を期待すべきなのか。ときに不可解、ときに不正義にも見える様々な判決を、法学的にクリアに解説し、社会における裁判の価値を問い直す。知っておきたい裁判のすべて。

  • 目次
    序文 裁判は正義の実現手段ではない
    第1章 裁判は政策を問う手段ではない――違憲立法審査権と権利侵害
    第2章 日本の裁判所は消極的ではない――中古ゲーム訴訟と判例法理
    第3章 裁判所は万能ではない――定数是正訴訟と救済の限界
    第4章 権威は絶対的ではない――司法政治論と民主的正統性
    第5章 国会はピラミッドではない――政策形成訴訟と立法の氾濫
    第6章 裁判は手段であって目的ではない――訴訟の機能を支えるもの
    第7章 政治は私的利害の追求(だけ)ではない――議員立法と少数者の人権保障
    第8章 民主政に「銀の弾丸」はない――国民主権と司法の役割
    おわりに 正義とは正しさではない

著者

大屋 雄裕 (オオヤ タケヒロ)

1974年生まれ。慶應義塾大学法学部教授。法哲学。著書に『法解釈の言語哲学』(勁草書房)『自由とは何か』(ちくま新書)『自由か、さもなくば幸福か』(筑摩選書)、共著に『法哲学と法哲学の対話』(有斐閣)等。

この本の感想をお寄せください

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお気軽にお寄せください。
投稿された内容は、弊社ホームページや新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
※は必須項目です。恐縮ですが、必ずご記入をお願いいたします。
※こちらにお送り頂いたご質問やご要望などに関しましては、お返事することができません。
あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちら




 歳