ジャンル: 
  1. 日本文学 > 
  2. 随筆・紀行

単行本

ソセイシタタマシイヲノセテ

蘇生した魂をのせて

石牟礼 道子

受賞
朝日 / 全国学校図書館協議会選定図書

単行本 46 ● 224ページ
ISBN:978-4-309-02177-5 ● Cコード:0095
発売日:2013.04.18

定価1,944円(本体1,800円)

○在庫あり

  • 人間とは何か、私たちはどこへ行くのか――破壊し尽くされた自然や人間の悲劇と、その闇の奥底に立ち上がる新しき叡智を語る対談・講演集。受難の時代にこそ響きわたる水俣からの言魂集。

  • [対談] 深遠な「自給自足」の暮らし ——田上義春さんとの対話
    [講演] 蘇生した魂をのせて
    [講演] 来水前に話しておきたいこと
    [講演] 水俣・水天荘にて
    [講演] 日月の舟
    [講演] 私たちは何処へ行くのか
    [対談] 加害・被害の枠組みをどう超えるか ——緒方正人さんとの対話
    [インタヴュー] 魂が揺れる場所

著者

石牟礼 道子 (イシムレ ミチコ)

1927年熊本県天草生まれ。生後すぐに水俣に移る。詩人、作家。著書に『苦海浄土(三部作)』『あやとりの記』『十六夜橋』『石牟礼道子全集・不知火(全17巻、別巻1)』、共著に『なみだふるはな』ほか。

この本の感想をお寄せください

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお気軽にお寄せください。
投稿された内容は、弊社ホームページや新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
※は必須項目です。恐縮ですが、必ずご記入をお願いいたします。
※こちらにお送り頂いたご質問やご要望などに関しましては、お返事することができません。
あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちら




 歳