ジャンル: 
  1. 日本文学 > 
  2. 随筆・紀行

我々はみな、「翻訳」している——

単行本

ホンヤクキョウイク

翻訳教育

野崎 歓

受賞
全国学校図書館協議会選定図書

単行本 46変形 ● 224ページ
ISBN:978-4-309-02251-2 ● Cコード:0095
発売日:2014.01.21

定価1,944円(本体1,800円)

○在庫あり

  • 人間の営みは、互いが互いを訳しあう中から立ち上がってきたのではないか? フランス文学の名翻訳者がその営為の本質に迫り、言葉・文学・世界を思索する極上のエッセイ。

    真にオリジナルなものは「世界」だけなのかもしれない。
    われわれはだれしもその世界の翻訳に、自分なりのスタイルで取り組んでいるのだろう(本文より)

  • 1 翻訳の大いなる連鎖
    2 翻訳者の情熱と受苦
    3 ロマン派の旗のもとに
    4 再現芸術としての翻訳
    5 偉大な読者たち—マーラーと鴎外
    6 永遠に女性的なるもの?
    7 翻訳教育
    8 合言葉は「かのように」
    9 トランスレーターズ・ハイ
    10 翻訳の味わい

著者

野崎 歓 (ノザキ カン)

仏文学者。東京大学大学院人文社会系研究科教授。著書に『ジャン・ルノワール 越境する映画』(サントリー学芸賞)、『異邦の香り ネルヴァル『東方紀行』論』(読売文学賞)、『アンドレ・バザン』等。訳書多数。

この本の感想をお寄せください

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお気軽にお寄せください。
投稿された内容は、弊社ホームページや新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
※は必須項目です。恐縮ですが、必ずご記入をお願いいたします。
※こちらにお送り頂いたご質問やご要望などに関しましては、お返事することができません。
あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちら




 歳