ジャンル: 
  1. 歴史・地理・民俗 > 
  2. 世界の歴史

その魅惑的な「甘さ」に秘められた重く厳しい道のり!

単行本

サトウノレキシ

砂糖の歴史

エリザベス・アボット

樋口 幸子

受賞
日経 / 全国学校図書館協議会選定図書

単行本 46 ● 516ページ
ISBN:978-4-309-22544-9 ● Cコード:0022
発売日:2011.05.26

定価3,780円(本体3,500円)

△2週間~

  • 奴隷貿易の象徴だったサトウキビ栽培を中心に、原産のポリネシアから米国の食文化、現代のエタノール燃料の原料となるまで、世界を大きく揺さぶり続けた砂糖産業と消費文化を克明に描く。

  •  序 章

    第1部 西洋を征服した東洋の美味
      第1章 「砂糖」王の台頭
      第2章 砂糖の大衆化

    第2部 黒い砂糖
      第3章 アフリカ化されたサトウキビ畑
      第4章 白人が創り出した世界
      第5章 砂糖が世界を動かす

    第3部 抵抗と奴隷制廃止
      第6章 人種差別、抵抗、反乱、そして革命
      第7章 血まみれの砂糖――――奴隷貿易廃止運動
      第8章 怪物退治――――奴隷制と年季奉公制
      第9章 キューバとルイジアナ――――北アメリカ向けの砂糖

    第4部 甘くなる世界
      第10章 砂糖農園の出稼ぎ移民たち
      第11章 セントルイスへ来て、見て、食べて!
      第12章 砂糖の遺産と将来

    訳者あとがき

    参考文献

著者

エリザベス・アボット (アボット,エリザベス)

カナダの歴史学者、ジャーナリスト。女性問題、動物愛護、環境問題などをテーマに主要な新聞雑誌に寄稿。おもな著書に『結婚の歴史』『愛人の歴史』『ハイチ』など。1991年にナショナル・マガジン賞を受賞。

樋口 幸子 (ヒグチ ユキコ)

早稲田大学卒、翻訳家。訳書にコウ『チョコレートの歴史』、イーカーチ『失われた夜の歴史』、アボット『砂糖の歴史』、ドルビー『スパイスの人類史』、デイヴィス『ゾンビ伝説』など。

この本の感想をお寄せください

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお気軽にお寄せください。
投稿された内容は、弊社ホームページや新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
※は必須項目です。恐縮ですが、必ずご記入をお願いいたします。
※こちらにお送り頂いたご質問やご要望などに関しましては、お返事することができません。
あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちら




 歳