ジャンル: 
  1. 歴史・地理・民俗 > 
  2. 日本の歴史

単行本

ヒデヨシノユイゴンハイエヤスセイケンダッタ

秀吉の遺言は「家康政権」だった(仮)

太閤の死から関ヶ原合戦までの2年間の謎

高橋 陽介

単行本 46 ● 224ページ
ISBN:978-4-309-22787-0 ● Cコード:0021
発売日:2019.10.23(予定)

予価1,728円(本体1,600円)

※未刊

  • 秀吉の没後は、五奉行による合議制ではなく、遺命に基づき家康をトップとする体制が敷かれていた! 関ヶ原合戦に至る道筋の意外な真実を、島津家文書をはじめとする一次資料から再構築する!

著者

高橋 陽介 (タカハシ ヨウスケ)

歴史研究者。1969年生まれ。東海古城研究会・勝永座談会・佐賀戦国研究会・曳馬郷土史研究会に所属。一次資料をもとに、関ヶ原の合戦の全貌を根底から覆す新説を発表し、歴史学者や愛好家から注目されている。

この本の感想をお寄せください

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお気軽にお寄せください。
投稿された内容は、弊社ホームページや新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
※は必須項目です。恐縮ですが、必ずご記入をお願いいたします。
※こちらにお送り頂いたご質問やご要望などに関しましては、お返事することができません。
あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちら




 歳