ジャンル: 
  1. 哲学・思想・宗教 > 
  2. 哲学・思想

フーコーが西欧思想史を総括して、その「問題系」を語った唯一の講義

単行本

アクヲナシシンジツヲイウ

悪をなし真実を言う

ルーヴァン講義1981

ミシェル・フーコー

市田 良彦 監訳

上尾 真道

信友 建志

箱田 徹

単行本 46 ● 456ページ
ISBN:978-4-309-24689-5 ● Cコード:0010
発売日:2015.01.26

定価6,696円(本体6,200円)

△2週間~

  • 最も重要な思想家・フーコーの思考を凝縮した幻の講義を気鋭たちが翻訳。告白から裁判への歴史をたどる中から真理と権力の関係をあきらかにし、権力論と晩年の自己への配慮をつなぐ。

著者

ミシェル・フーコー (フーコー,M)

1926~84年。20世紀後半における最も重要な思想家。著書『狂気の歴史』『言葉と物』『知の考古学』『監獄の誕生』『知への意志』『自己への配慮』『快楽の活用』など。

市田 良彦 (イチダ ヨシヒコ)

著書、『革命論』

上尾 真道 (ウエオ マサミチ)

信友 建志 (ノブトモ ケンジ)

1973年生まれ。京都大学人間・環境学研究科博士後期課程修了。訳書、フーコー『悪をなし真実を言う』ネグリ『野生のアノマリー』(いずれも共訳)など多数

箱田 徹 (ハコダ テツ)

この本の感想をお寄せください

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお気軽にお寄せください。
投稿された内容は、弊社ホームページや新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
※は必須項目です。恐縮ですが、必ずご記入をお願いいたします。
※こちらにお送り頂いたご質問やご要望などに関しましては、お返事することができません。
あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちら




 歳