河出文庫 お18-1

コクシカンサツジンジケン

黒死館殺人事件

小栗 虫太郎

河出文庫 ● 536ページ
ISBN:978-4-309-40905-4 ● Cコード:0193
発売日:2008.05.09

定価990円(本体900円)

△2週間~

  • 黒死館を襲った血腥い連続殺人事件の謎に、刑事弁護士法水麟太郎がエンサイクロペディックな学識を駆使して挑む。本邦三大ミステリの一つ、悪魔学と神秘科学の一大ペダントリー。

著者

小栗 虫太郎 (オグリ ムシタロウ)

1901年、東京生まれ。推理小説作家、秘境冒険作家。京華中学校卒。33年、『完全犯罪』でデビュー。雑誌「新青年」「オール讀物」等を舞台に活躍。著書に『黒死館殺人事件』『人外魔境』他多数。1946年没。

読者の声

この本に寄せられた読者の声一覧

四大奇書の一角にある探偵小説。膨大な衒学趣味的文章により主客転倒の様相を見せている。ヴァン・ダイン「グリーン家殺人事件」や麻耶雄嵩「翼ある闇 メルカトル 鮎最後の事件」のネタ元探しとしても面白い。 (水生 さん/28歳 男性)

この本の感想をお寄せください

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお気軽にお寄せください。
投稿された内容は、弊社ホームページや新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
※は必須項目です。恐縮ですが、必ずご記入をお願いいたします。
※こちらにお送り頂いたご質問やご要望などに関しましては、お返事することができません。
あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちら




 歳