ジャンル: 
  1. 歴史・地理・民俗 > 
  2. 民俗

シリーズ: 
  1. 河出ブックス

被差別民の解放はありえたのか?ここにも国家の罠がある。

全集・シリーズ

カイホウレイノメイジイシン

解放令の明治維新

賤称廃止をめぐって

塩見 鮮一郎

単行本 B6/ソフトカバー ● 208ページ
ISBN:978-4-309-62431-0 ● Cコード:0336
発売日:2011.06.14

定価1,404円(本体1,300円)

○在庫あり

  • 明治4年、一片の太政官布告で、穢多非人ら賤民は解放された。しかし本当に解放されたのか。解放令以前以後の、血と涙、努力と思惑の社会政治学。

著者

塩見 鮮一郎 (シオミ センイチロウ)

1938年岡山県生まれ。作家。河出書房新社編集部を経て著述業に。主な著書に『浅草弾左衛門』『車善七』『江戸東京を歩く 宿場』『弾左衛門の謎』『異形にされた人たち』『乞胸 江戸の辻芸人』『吉原という異界』等。

この本の感想をお寄せください

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお気軽にお寄せください。
投稿された内容は、弊社ホームページや新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
※は必須項目です。恐縮ですが、必ずご記入をお願いいたします。
※こちらにお送り頂いたご質問やご要望などに関しましては、お返事することができません。
あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちら




 歳