現代建築はどこから来て、どこへ行くのか

全集・シリーズ

ゲンダイニホンケンチクカレツデン

現代日本建築家列伝

社会といかに関わってきたか

五十嵐 太郎

単行本 B6 ● 288ページ
ISBN:978-4-309-62435-8 ● Cコード:0352
発売日:2011.10.12

定価1,512円(本体1,400円)

△2週間~

  • 建築家の果たしてきた役割を無視して現代社会は語れない。丹下健三から今世紀に頭角を現した新世代まで、彼らはいかに時代と格闘してきたのか。写真80点超。建築家系譜図付き。

著者

五十嵐 太郎 (イガラシ タロウ)

1967年、パリ生まれ。東北大学大学院工学研究科准教授。工学博士。専門は建築史・建築批評。著書に『「結婚式教会」の誕生』『新編 新宗教と巨大建築』『現代建築に関する16章』『過防備都市』『戦争と建築』など。

この本の感想をお寄せください

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお気軽にお寄せください。
投稿された内容は、弊社ホームページや新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
※は必須項目です。恐縮ですが、必ずご記入をお願いいたします。
※こちらにお送り頂いたご質問やご要望などに関しましては、お返事することができません。
あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちら




 歳