全集・シリーズ

アルトーコウキシュウセイ02

アルトー後期集成 2

アントナン・アルトー

宇野 邦一 監修

鈴木 創士 監修

管 啓次郎

大原 宣久

単行本 46 ● 472ページ
ISBN:978-4-309-70532-3 ● Cコード:0310
発売日:2016.03.29

定価5,500円(本体5,000円)

×品切・重版未定

  • 世界にも類のない後期アルトーの集成、ついに完結。最後の著書として構想された『手先と責苦』をはじめて全訳。極限の思考と身体が生みだした至高にして残酷なる言葉。

著者

アントナン・アルトー (アルトー,A)

1896-1948年。「思考の不可能性」を思考するフランスの詩人。「残酷劇」を提唱する演劇人。西洋からの脱却を必死に試みて、後年、精神病院へと監禁される。激烈な生涯と『演劇とその分身』『ヘリオガバルス』等の著書によって巨大な影響を与え続けている。

宇野 邦一 (ウノ クニイチ)

1948年生まれ。哲学・フランス文学。著書に『土方巽――衰弱体の思想』、『〈兆候〉の哲学』、『ドゥルーズ――群れと結晶』など。訳書にアルトー『タラウマラ』、ジュネ『薔薇の奇跡』など。

鈴木 創士 (スズキ ソウシ)

1954年生まれ。著書に『アントナン・アルトーの帰還』『中島らも烈伝』『魔法使いの弟子』。訳書に 神の裁きと訣別するため』(共訳)『狂人の二つの体制』(共訳)『歓待の書』『ロデーズからの手紙』。

管 啓次郎 (スガ ケイジロウ)

著書『コロンブスの犬』『狼が連れ立って走る月』『斜線の旅』他。

大原 宣久 (オオハラ ノリヒサ)

フランス文学。訳書、パザン『映画とは何か』レリス『オペルティック』他。

この本の感想をお寄せください

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお気軽にお寄せください。
投稿された内容は、弊社ホームページや新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
※は必須項目です。恐縮ですが、必ずご記入をお願いいたします。
※こちらにお送り頂いたご質問やご要望などに関しましては、お返事することができません。
あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちら




 歳