ジャンル: 
  1. 自然科学・医学 > 
  2. 自然科学
  1. 日本文学 > 
  2. 評論・研究

シリーズ: 
  1. KAWADE道の手帖

天災は忘れた頃にやって来る

全集・シリーズ

テラダトラヒコ

寺田寅彦

いまを照らす科学者のことば

池内 了 責任編集

受賞
全国学校図書館協議会選定図書

単行本 A5 ● 192ページ
ISBN:978-4-309-74041-6 ● Cコード:0095
発売日:2011.11.25

定価1,728円(本体1,600円)

×品切・重版未定

  • 再評価の声が高まる寺田寅彦を、気鋭の執筆陣が読み解いた一冊。監修:池内了 対談:池内了×最相葉月 寄稿:須藤靖、米沢富美子、川上紳一、八代嘉美、小山慶太、渡辺政隆、鎌田浩毅他

  • 巻頭言:池内了 寺田寅彦は常に新しい 
    寺田寅彦を知る10のキーワード 
    特別対談:最相葉月×池内了「いま寺田寅彦から何が読めるのか」

    〈寺田寅彦 アンソロジー〉
       詩と官能/鉛をかじる虫/夕凪と夕風

    〈論考:寺田寅彦の現代性〉
       須藤靖「いごっそう寅彦の教え」 
       米沢富美子「才能を活かしきった人」 
       川上紳一「寺田寅彦:異分野横断からの視座」  
       小山慶太「紙切り芸と寺田物理学」  
       八代嘉美「本当は怖い寺田寅彦」  
       内田麻理香「寺田寅彦の懐疑と情熱と」  
       小林晋「謎解きと科学研究」  
       村松秀「考えること、疑うこと。」 
       渡邊政隆「出でよ、現代の寅彦」  

    〈特集:その学びと仕事〉
       山本貴光「寺田寅彦 学術連環」  
       鎌田浩毅「寺田寅彦の仕事術 -どう学び、生かしたか-」  

    〈寺田寅彦の思い出〉   
       中谷宇吉郎「指導者としての先生の半面」  
       和辻哲郎「寺田さんに最後に逢った時」  
       野上豊一郎「窓の蝋燭 寺田さんの思ひ出」  

    〈文人としての寅彦〉
       出久根達郎「寅彦の文章と私-小説のヒント-」 
       角川源義「寺田寅彦と正岡子規」  

    〈寅彦が蒔いた科学の芽〉
       高田誠二「科学史の中の寺田寅彦」  
       戸田盛和「物理学の楽しみ」  
       小林惟司「長岡半太郎と寺田寅彦」 

    ブックガイド
    寺田寅彦略年譜

著者

池内 了 (イケウチ サトル)

1944年生、京都大学大学院理学研究科物理学専攻修了。理学博士。国立天文台教授、名古屋大学教授等を経て総合研究大学院大学教授、現在は同大学理事。主書に『疑似科学入門』『科学の限界』『物理学と神』他。

この本の感想をお寄せください

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお気軽にお寄せください。
投稿された内容は、弊社ホームページや新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
※は必須項目です。恐縮ですが、必ずご記入をお願いいたします。
※こちらにお送り頂いたご質問やご要望などに関しましては、お返事することができません。
あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちら




 歳