検索結果

柳瀬 尚紀 (ヤナセ ナオキ)

1943年根室市生まれ。翻訳家。訳書にジョイス『フィネガンズ・ウェイク』、キャロル『不思議の国のアリス』、ボルヘス『幻獣辞典』、ダール『チョコレート工場の秘密』など。著書に『日本語は天才である』など。

25件中 120件を表示 | 表示件数   件

ユリシーズ航海記

日本文学

ユリシーズ航海記
『ユリシーズ』を読むための本

柳瀬 尚紀

天才翻訳家が遺した『ユリシーズ』に関する文章を集成。第12章の発犬伝をはじめ、1922年のパリ、音楽、競馬、13-18章の試訳など、ジョイスフルな言葉に満ちたファン待望の一冊。

  • 単行本 / 376頁
  • 2017.06.13発売(予定)
  • ISBN 978-4-309-02585-8

予価3,456円(本体3,200円)

※未刊

詳細を見る
ユリシーズ1-12

外国文学

ユリシーズ1-12

ジェイムズ・ジョイス 著 柳瀬 尚紀

20世紀最高の小説を最強の翻訳で。小説の技巧のすべてを駆使して甦るダブリン1904年6月16日の「真実」。全18章のうち、第1章から謎の語り手の「発犬」につながる第12章まで。

  • 単行本 / 576頁
  • 2016.12.02発売
  • ISBN 978-4-309-20722-3

定価4,860円(本体4,500円)

○在庫あり

詳細を見る
幻獣辞典

文庫・新書

幻獣辞典

ホルヘ・ルイス・ボルヘス 著 柳瀬 尚紀

セイレーン、八岐大蛇、一角獣、古今東西の竜といった想像上の生き物や、カフカ、C・S・ルイス、スウェーデンボリーらの著作に登場する不思議な存在をめぐる博覧強記のエッセイ一二〇篇。

  • 河出文庫 / 336頁
  • 2015.05.11発売
  • ISBN 978-4-309-46408-4

定価1,188円(本体1,100円)

○在庫あり

詳細を見る
飛ぶのが怖い

文庫・新書

飛ぶのが怖い

エリカ・ジョング 著 柳瀬 尚紀

一九七三年にアメリカで刊行されるや、六百万部の大ベストセラーになり、ヘンリー・ミラーやアップダイクが絶賛した新しい女性の文学。性愛をテーマにしながらもユーモラスな傑作。

  • 河出文庫 / 560頁
  • 2005.01.11発売
  • ISBN 978-4-309-46250-9

定価1,296円(本体1,200円)

×品切・重版未定

詳細を見る
フィネガンズ・ウェイク 3・4

文庫・新書

フィネガンズ・ウェイク 3・4

ジェイムズ・ジョイス 著 柳瀬 尚紀

すべての女性と川を内包するアナ・リヴィア=リフィー川が海に流れこむ限りなく美しい独白で世紀の夢文学は結ばれる。そして、末尾の「えんえん」は冒頭の「川走」に円環状につらなる。

  • 河出文庫 / 488頁
  • 2004.03.08発売
  • ISBN 978-4-309-46236-3

定価1,404円(本体1,300円)

×品切

詳細を見る
フィネガンズ・ウェイク 2

文庫・新書

フィネガンズ・ウェイク 2

ジェイムズ・ジョイス 著 柳瀬 尚紀

主人公イアーウィッカーと妻アナ、双子の兄弟シェムとショーンそして妹イシーは、変容を重ねてすべての時代のすべての存在、はては都市や自然にとけこんで行く。本書の中核をなすパート。

  • 河出文庫 / 416頁
  • 2004.02.06発売
  • ISBN 978-4-309-46235-6

定価1,296円(本体1,200円)

△2週間~

詳細を見る
フィネガンズ・ウェイク 1

文庫・新書

フィネガンズ・ウェイク 1

ジェイムズ・ジョイス 著 柳瀬 尚紀

二十世紀最大の文学的事件と称される奇書の第一部。ダブリン西郊チャペリゾッドにある居酒屋を舞台に、現実・歴史・神話などの多層構造が無限に浸透・融合・変容を繰返す夢の書の冒頭部。

  • 河出文庫 / 408頁
  • 2004.01.07発売
  • ISBN 978-4-309-46234-9

定価1,296円(本体1,200円)

○在庫あり

詳細を見る
名画にしのびこんだ猫

芸術・芸能

名画にしのびこんだ猫

マイケル・パトリック 著 柳瀬 尚紀

だれでも知っている名画の中にちゃっかりとしのび込んだ猫たちの可愛い姿をとらえた傑作パロディ集。どのような経緯で猫たちは名画の中に入ってしまったか、楽しい短文がそれを読み解く。

  • 単行本 / 70頁
  • 1999.08.12発売
  • ISBN 978-4-309-26384-7

定価1,296円(本体1,200円)

×品切・重版未定

詳細を見る
ナンセンス感覚
  • 河出文庫 / 192頁
  • 1998.06.04発売
  • ISBN 978-4-309-40541-4

定価594円(本体550円)

×品切・重版未定

詳細を見る
英語遊び

文庫・新書

英語遊び

柳瀬 尚紀

  • 河出文庫 / 240頁
  • 1998.05.04発売
  • ISBN 978-4-309-40536-0

定価648円(本体600円)

×品切・重版未定

詳細を見る
ユリシーズ 4~6

外国文学

ユリシーズ 4~6

ジェイムズ・ジョイス 著 柳瀬 尚紀

第2部の冒頭、《カリュプソー》《食蓮人たち》《ハーデス》の3挿話。主人公ブルーム氏は、妻の不倫を心にかけながら、朝のダブリンを横切り、友人の葬儀の列に加わる。

  • 単行本 / 140頁
  • 1997.08.15発売
  • ISBN 978-4-309-20288-4

定価1,620円(本体1,500円)

×品切・重版未定

詳細を見る
ユリシーズ 1~3

外国文学

ユリシーズ 1~3

ジェイムズ・ジョイス 著 柳瀬 尚紀

『ユリシーズ』の冒頭の3挿話、《テレマコス》《ネストール》《プロテウス》の3章。この3挿話で青年主人公スティーヴンの精神的来歴、全挿話にからむ多くのストーリーの萌芽が提出される。

  • 単行本 / 114頁
  • 1997.03.25発売
  • ISBN 978-4-309-20282-2

定価1,512円(本体1,400円)

×品切・重版未定

詳細を見る
翻訳は実践である
  • 河出文庫 / 226頁
  • 1997.03.04発売
  • ISBN 978-4-309-40495-0

定価562円(本体520円)

×品切・重版未定

詳細を見る
対局する言葉

文庫・新書

対局する言葉
羽生+ジョイス

羽生 善治柳瀬 尚紀

史上初の七冠王を達成した天才棋士の思考過程はどうなっているのか。その奇跡のメカニズムを、世界で初めてジェイムズ・ジョイス『フィネガンズ・ウェイク』を完訳した言語名人が解く。羽生将棋は芸術だ!

  • 河出文庫 / 224頁
  • 1996.12.04発売
  • ISBN 978-4-309-47311-6

定価545円(本体505円)

×品切・重版未定

詳細を見る
ユリシーズ 12

外国文学

ユリシーズ 12
The Cyclops

ジェイムズ・ジョイス 著 柳瀬 尚紀

プルースト『失われた時を求めて』、カフカ『城』とともに20世紀の文学の方向を決定した大著『ユリシーズ』のうちでも、最も思弁的で最も小説的な文体・構成をもつ最難解の1章の新訳。

  • 単行本 / 112頁
  • 1996.05.24発売
  • ISBN 978-4-309-20263-1

定価1,468円(本体1,359円)

×品切・重版未定

詳細を見る
ユリシーズのダブリン

外国文学

ユリシーズのダブリン
DUBLIN~The City of James Joyce

柳瀬 尚紀 編訳 松永 学 写真

「ユリシーズ」全18章の柳瀬尚紀新訳の抜粋とダブリンの写真で構成するジェイムズ・ジョイスの文学世界。ジョイスのすべての創造性の元となったダブリンのヴィジュアル本。

  • 単行本 / 200頁
  • 1996.03.25発売
  • ISBN 978-4-309-20257-0

定価2,307円(本体2,136円)

×品切・重版未定

詳細を見る
肖像のジェイムズ・ジョイス

外国文学

肖像のジェイムズ・ジョイス

B・ケイトーG・ヴィティエッロ 編 柳瀬 尚紀

20世紀文学の巨星ジェイムズ・ジョイスの生涯を、彼を題材にした芸術作品で見せるビジュアル・バイオグラフィー。アントニー・バージェスの遺稿となった序文、年譜など、資料価値も高い。

  • 単行本 / 112頁
  • 1995.07.25発売
  • ISBN 978-4-309-20245-7

定価5,033円(本体4,660円)

×品切・重版未定

詳細を見る
フィネガンズ・ウェイク III・IV

外国文学

フィネガンズ・ウェイク III・IV

ジェイムズ・ジョイス 著 柳瀬 尚紀

ジョイスが27年をかけて書き上げたヨーロッパ数千年の全歴史を一夜の夢に圧縮した究極の小説、世界初の個人完訳なる! 8年の歳月を経て完成した、日本語の表現の可能性の極限。

  • 単行本 / 284頁
  • 1993.10.20発売
  • ISBN 978-4-309-20228-0

定価3,984円(本体3,689円)

×品切・重版未定

詳細を見る
突然変異幻語対談

文庫・新書

突然変異幻語対談

筒井 康隆柳瀬 尚紀

『文学部唯野教授』を執筆中の小説家と、ジョイス『フィネガンズ・ウェイク』訳出中の翻訳家が、数回の往復書簡と対談でくり広げる、空前絶後、一読驚愕の文学原論。言葉芸と虚構の本質をつくレクチュア。

  • 河出文庫 / 264頁
  • 1993.10.04発売
  • ISBN 978-4-309-40390-8

定価681円(本体631円)

×品切・重版未定

詳細を見る
翻訳困りっ話
  • 河出文庫 / 248頁
  • 1992.11.04発売
  • ISBN 978-4-309-40343-4

定価608円(本体563円)

×品切・重版未定

詳細を見る