検索結果

安藤 哲行 (アンドウ テツユキ)

1948年岐阜県生まれ。ラテンアメリカ文学・翻訳家。訳書に、C・フエンテス『老いぼれグリンゴ』、M・プイグ『天使の恥部』、R・アレナス『夜になるまえに』、J・ボルピ『クリングゾールをさがして』ほか。

3件中 13件を表示 | 表示件数   件

わたしたちが火の中で失くしたもの

外国文学

わたしたちが火の中で失くしたもの

マリアーナ・エンリケス 著 安藤 哲行

秘密の廃屋をめぐる少年少女の物語「アデーラの家」のほか、人間の無意識を見事にえぐり出す悪夢のような12の短篇集。世界20カ国以上で翻訳されている「ホラーのプリンセス」本邦初訳。

  • 単行本 / 248頁
  • 2018.08.24発売(予定)
  • ISBN 978-4-309-20748-3

予価2,862円(本体2,650円)

※未刊

詳細を見る
クリングゾールをさがして

外国文学

クリングゾールをさがして

ホルヘ・ボルピ安藤 哲行

ヒトラーの謎の科学顧問クリングゾールをめぐり、ナチスの核開発とヒトラー暗殺未遂事件の秘密に迫る文芸ミステリ。ハイゼンベルグ、フォン・ノイマン、アインシュタインなど科学者たちの裏側。

  • 単行本 / 504頁
  • 2015.05.26発売
  • ISBN 978-4-309-20674-5

定価4,104円(本体3,800円)

○在庫あり

詳細を見る
パタゴニア/老いぼれグリンゴ

外国文学

池澤夏樹=個人編集 世界文学全集 第2集

パタゴニア/老いぼれグリンゴ

ブルース・チャトウィンカルロス・フエンテス 著 芹沢 真理子安藤 哲行

不毛の大地に漂着した人々の見果てぬ夢を綴ったイギリス紀行文学の傑作と、ラテンアメリカ文学の巨匠が革命下のメキシコを舞台に描く愛と憎しみの物語。虚構と現実が混淆する2つの長篇。

  • 単行本 / 572頁
  • 2009.06.12発売
  • ISBN 978-4-309-70960-4

定価3,672円(本体3,400円)

○在庫あり

詳細を見る