検索結果

忠平 美幸 (タダヒラ ミユキ)

早稲田大学第一文学部卒。同大学図書館秘書を経て翻訳者。主な訳書に『戦場から生きのびて』『お茶の歴史』『サードプレイス』『遠すぎた家路』『悪の製薬』など。

4件中 14件を表示 | 表示件数   件

美しい荘厳な芸術 ヨーロッパの大聖堂

芸術・芸能

美しい荘厳な芸術 ヨーロッパの大聖堂

ロルフ・トーマン 編 アヒム・ベトノルツ 写真 バルバラ・ボルンゲッサー 文 忠平 美幸

ヨーロッパ文化の極みというべき壮麗な大聖堂と教会をかつてない規模で網羅した初の豪華本。欧州11カ国、125都市、151聖堂・教会、鑑賞に価する精確な写真440点、オールカラー。

  • 単行本 / 400頁
  • 2017.05.29発売
  • ISBN 978-4-309-27820-9

定価10,584円(本体9,800円)

△2週間~

詳細を見る
遠すぎた家路 戦後ヨーロッパの難民たち

歴史・地理・民俗

遠すぎた家路 戦後ヨーロッパの難民たち

ベン・シェファード 著 忠平 美幸

ナチスなどによって生まれた膨大な難民が、戦中から戦後にかけて各地をさまよい逃げた。迫害、食糧、伝染病など多くの要因が絡んだ巨大な人口移動がいかに戦後をつくったかを詳細に描く。

  • 単行本 / 632頁
  • 2015.03.20発売
  • ISBN 978-4-309-22626-2

定価5,076円(本体4,700円)

○在庫あり

詳細を見る
お茶の歴史

歴史・地理・民俗

お茶の歴史

ヴィクター・H・メアアーリン・ホー 著 忠平 美幸

紅茶か日本茶か中国茶に偏りがちな「茶の世界史」を初めて詳細に網羅した待望の決定版。東南アジアの茶の起源から現代まで、日本茶を含めて、100以上の図版とともに茶の発達史を読む。

  • 単行本 / 320頁
  • 2010.09.22発売
  • ISBN 978-4-309-22532-6

定価3,024円(本体2,800円)

△2週間~

詳細を見る
戦場から生きのびて

ノンフィクション

戦場から生きのびて
ぼくは少年兵士だった

イシメール・ベア 著 忠平 美幸

「いつも殺すか殺されるかだった……」。普通の12歳の少年が15歳まで激しい内戦を兵士として闘わされ、立ち直るまでの衝撃の体験を綴る「感動の物語」。黒柳徹子氏推薦。世界的ベストセラー!

  • 単行本 / 340頁
  • 2008.02.08発売
  • ISBN 978-4-309-20486-4

定価1,728円(本体1,600円)

×品切

詳細を見る