検索結果

中里 京子 (ナカザト キョウコ)

訳書に『描かれた病』『おいしさの人類史』(以上、河出書房新社)、『ファルマゲドン』(みすず書房)、『依存症ビジネス』(ダイヤモンド社)、『不死細胞ヒーラ』(講談社)、『ハチはなぜ大量死したのか』(文藝春秋)など。

3件中 13件を表示 | 表示件数   件

描かれた手術

芸術・芸能

描かれた手術
19世紀外科学の原理と実際およびその挿画

リチャード・バーネット 著 中里 京子

外科手術はどう進化してきたか。“床屋の延長”から科学の神殿へと変貌を遂げた、その発展の歴史を貴重な画像で描き出す。『描かれた病』に続く、驚愕の医学博物誌シリーズ第2弾。

  • 単行本 / 256頁
  • 2017.10.27発売
  • ISBN 978-4-309-25579-8

定価4,104円(本体3,800円)

○在庫あり

詳細を見る
描かれた病

芸術・芸能

描かれた病
疾病および芸術としての医学挿画

リチャード・バーネット 著 中里 京子

皮膚病、ハンセン病、天然痘、がん、性感染症……写真誕生以前の細密イラストが雄弁に語る、医療と社会をめぐるイメージの博物誌! ゾッとするが、魅力的な本――「ネイチャー」

  • 単行本 / 256頁
  • 2016.10.24発売
  • ISBN 978-4-309-25564-4

定価4,104円(本体3,800円)

○在庫あり

詳細を見る
おいしさの人類史

自然科学・医学

おいしさの人類史
人類初のひと噛みから「うまみ革命」まで

ジョン・マッケイド 著 中里 京子

人類の祖先による最初のひと噛みから、遺伝学や脳科学に基づく最新研究、そして現在進行中の「グルメ」革命まで。あなたが味わっているにもかかわらず知らなかった、〈味覚〉5億年の壮大な歴史。

  • 単行本 / 304頁
  • 2016.02.29発売
  • ISBN 978-4-309-25345-9

定価2,592円(本体2,400円)

○在庫あり

詳細を見る