ジャンル: 
  1. 日本文学 > 
  2. 随筆・紀行

単行本

エドツリヒャクモノガタリ

江戸釣百物語

将軍から庶民まで

長辻 象平

単行本 46 ● 192ページ
ISBN:978-4-309-03010-4 ● Cコード:0095
発売日:2021.11.26(予定)

予価2,002円(本体1,820円)

※未刊

  • 遊びとしての釣りは江戸時代から始まった。各地に残る釣りにまつわる怪談や、浮世絵に描かれた町の人々が興じる様子、将軍の釣りの記録まで。江戸文化としての釣りを図版とともに楽しむ。

著者

長辻 象平 (ナガツジ ショウヘイ)

1948年、鹿児島県出身。科学ジャーナリスト、産経新聞論説委員。京都大学農学部卒業。著書に『釣魚をめぐる博物誌』『江戸釣魚大全』『江戸の釣り』。時代小説に『みずすまし』『あめんぼう』『闇の釣人』など。

この本の感想をお寄せください

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお気軽にお寄せください。
投稿された内容は、弊社ホームページや新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
※は必須項目です。恐縮ですが、必ずご記入をお願いいたします。
※こちらにお送り頂いたご質問やご要望などに関しましては、お返事することができません。
あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちら




 歳