ジャンル: 
  1. 日本文学 > 
  2. 小説

単行本

ヒビノキノコ

日々のきのこ

高原 英理

受賞
日経

単行本 46変形 ● 184ページ
ISBN:978-4-309-03015-9 ● Cコード:0093
発売日:2021.12.23

定価2,420円(本体2,200円)

○在庫あり

  • 「まるまるとした茶色いものたちが一面に出ていて、季節だなと思う。どれもきのこである」(「所々のきのこ」より) ーー奇才が贈る新たなる「きのこ文学」の傑作、誕生。

    岸本佐知子さん、最果タヒさん推薦。
    ブックデザイン=名久井直子さん、装画=ヒグチユウコさん。
    気づけば読者は、この世界に縦横無尽に広がった見えない胞子に侵食される――。
    高原英理が拓く「文学」の新たな地平にして、極上の「きのこ小説」。

    【推薦文】
    「ばふんばふん、ぽこんぽこん、がやがやごよごよ。きのこの放つかわいい・こわい・安心の胞子が世界人類に満ちますように。」――岸本佐知子さん

    「きのこ。きのこは変な生き物。でも、きのこより、変な人がいっぱいいるって、私は人なのに思う。私もきのこなのかも。」――最果タヒさん

    【収録作】
    「所々のきのこ」「思い思いのきのこ」「時々のきのこ」

著者

高原 英理 (タカハラ エイリ)

1959年生まれ。小説家・文芸評論家。1985年、第1回幻想文学新人賞を受賞しデビュー。96年、第39回群像新人文学賞評論部門優秀作を受賞。近著に『高原英理恐怖譚集成』『エイリア綺譚集』がある。

この本の感想をお寄せください

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお気軽にお寄せください。
投稿された内容は、弊社ホームページや新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
※は必須項目です。恐縮ですが、必ずご記入をお願いいたします。
※こちらにお送り頂いたご質問やご要望などに関しましては、お返事することができません。
あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちら




 歳