ジャンル: 
  1. 日本文学 > 
  2. 随筆・紀行

単行本

ハウリングノオトガキコエル

ハウリングの音が聴こえる

松村 雄策

単行本 46変形 ● 256ページ
ISBN:978-4-309-03180-4 ● Cコード:0095
発売日:2024.03.22(予定)

予価2,200円(本体2,000円)

※未刊

  • 2022年3月に逝去した音楽評論家・松村雄策が贈る11冊目のエッセイ集。「僕の人生の六分の五には、いつだってポールの音楽があったのだ」――「小説すばる」の連載が待望の書籍化。

著者

松村 雄策 (マツムラ ユウサク)

1951年東京生まれ。雑誌「ロッキング・オン」創刊に関わり、編集部を経て、歌手デビュー。『UNFINISHED REMEMBERS』他の作品を残し、文筆家として長く活躍。2022年3月12日、永眠。

この本の感想をお寄せください

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお気軽にお寄せください。
投稿された内容は、弊社ホームページや新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
※は必須項目です。恐縮ですが、必ずご記入をお願いいたします。
※こちらにお送り頂いたご質問やご要望などに関しましては、お返事することができません。
あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちら




 歳