ジャンル: 
  1. 外国文学 > 
  2. 小説・戯曲・詩歌

単行本

ヒツギノナイマイソウ

柩のない埋葬

方方

渡辺 新一

単行本 46変形 ● 376ページ
ISBN:978-4-309-20849-7 ● Cコード:0097
発売日:2022.04.27

定価3,025円(本体2,750円)

△2週間~

  • 記憶を失ったまま生きる一人の女性、その波乱の人生をとおして記憶と忘却の意味を問いかける重層的かつ壮大な物語。コロナ禍のドキュメント『武漢日記』の著者による傑作長編。

    中国本国で発禁処分、『武漢日記』著者による傑作長編

    <第3回路遥文学大賞(中国の民間による文学賞)受賞>
    <アジア文学賞2020(フランス・ギメ東洋美術館主催)受賞>

    記憶を失った一人の女。
    その波乱の人生の秘密が明かされたとき、
    浮かび上がる「人が生きる意味」とは――

    【あらすじ】
    1952年、人口の多数を占める農民に地主の所有する土地を分配しようとする「土地改革」が急進する中国で、一人の女が急流の中から瀕死の状態で救出された。女はすべての記憶を失っており、命を救った軍医により「丁子桃」(ディン・ズータオ)という名前をつけられる。軍医と女は十余年後に再会し結婚。二人の間に生まれた息子・青林(チンリン)は成長し、大企業に就職した。早くに夫を亡くし一人で自分を育ててくれた母のために、青林は一軒家を購入する。しかし、母親はその家に住み始めてすぐ意識を失い、喪失していた痛ましい記憶を意識下で辿りはじめる。一方、青林は父の残した古い日記を見つけ、隠された両親の過去へと迫っていく――。


著者

方方 (ファンファン)

1955年、中国・南京生まれ。武漢在住の著名な女性作家。2010年、中国で最も名誉ある文学賞のひとつである魯迅文学賞を受賞。武漢を舞台に、社会の底辺で生きる人々の姿を丁寧に描いた小説を数多く発表。

渡辺 新一 (ワタナベ シンイチ)

1946年生まれ。中央大学名誉教授。東京都立大学大学院博士課程満期退学。専門は中国現代文学。

この本の感想をお寄せください

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお気軽にお寄せください。
投稿された内容は、弊社ホームページや新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
※は必須項目です。恐縮ですが、必ずご記入をお願いいたします。
※こちらにお送り頂いたご質問やご要望などに関しましては、お返事することができません。
あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちら




 歳