ジャンル: 
  1. 哲学・思想・宗教 > 
  2. 哲学・思想

単行本

ロシアウチュウシュギ

ロシア宇宙主義

ボリス・グロイス

乗松 亨平 監訳

上田 洋子

平松 潤奈

小俣 智史

単行本 46変形 ● 400ページ
ISBN:978-4-309-23141-9 ● Cコード:0010
発売日:2024.03.26(予定)

予価3,740円(本体3,400円)

※未刊

  • 再評価著しい思想「ロシア宇宙主義」の現代的意義を問う画期的アンソロジー。科学技術による死者の復活、人類進化による不死の達成。宗教、哲学、科学、共産主義など、重要エッセイを集成。

著者

ボリス・グロイス (グロイス,ボリス)

1947年生まれ。現代世界を代表する美術批評家・ニューヨーク大学教授。ソ連出身で、81年西ドイツに亡命。著書に『全体芸術様式スターリン』『アート・パワー』『流れの中で』など。

乗松 亨平 (ノリマツ キョウヘイ)

1975年生まれ。東京大学教授。著書に、『リアリズムの条件』『ロシアあるいは対立の亡霊』、訳書に、ヤンポリスキー『デーモンと迷宮』(共訳)、トルストイ『コサック』など。

上田 洋子 (ウエダ ヨウコ)

1974年生まれ。ゲンロン代表。ロシア文学者、ロシア語通訳・翻訳者。共編書に、『歌舞伎と革命ロシア』など。訳書に、クルジジャノフスキイ『瞳孔の中』など。

平松 潤奈 (ヒラマツ ジュンナ)

1975年生まれ。金沢大学国際基幹教育院准教授。専門はロシア・ソヴィエト文学。共編著に、『ロシア文化55のキーワード』など。共著に『ロシア革命とソ連の世紀 4』など。

小俣 智史 (オマタ トモフミ)

1982年生まれ。早稲田大学文学学術院講師。専門はフョードロフ思想。論文に、訳書に、エヴラームピエフ『ロシア哲学史 <絶対者>と<人格の生>の相克』(共訳)がある。

この本の感想をお寄せください

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお気軽にお寄せください。
投稿された内容は、弊社ホームページや新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
※は必須項目です。恐縮ですが、必ずご記入をお願いいたします。
※こちらにお送り頂いたご質問やご要望などに関しましては、お返事することができません。
あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちら




 歳