ジャンル: 
  1. 哲学・思想・宗教 > 
  2. 哲学・思想

「心の闇」は社会の敵なのか?
ラカン派の俊英が問う衝撃の評論

単行本

ロシュツセヨトゲンダイブンメイハイウ

露出せよ、と現代文明は言う

「心の闇」の喪失と精神分析

立木 康介

受賞
読売

単行本 46変形 ● 304ページ
ISBN:978-4-309-24637-6 ● Cコード:0010
発売日:2013.11.21

定価2,640円(本体2,400円)

×品切

  • 犯罪のたび問題にされる「心の闇」。だが「心の闇」を失ったことこそ現代の危機ではないのか。“心の露出”を強いる文明をラカン派の俊英が問う、亀山郁夫、市川真人氏絶賛、衝撃の評論!

    凶悪犯罪のたびにメディアで語られてきた「心の闇」。
    しかし現代の犯罪者は、ほんとうに「心の闇」をもっているのだろうか。
    むしろ彼らの心に「闇」がないことが問題なのではないか。
    私たちの心から「闇」が失われつつある。
    それこそが、現代の危機、心の危機をもたらしているとしたら?

    《露出》の強制、それこそは、21世紀グローバル化時代の〈人間学〉が立ち向かう究極のテーマだ。人間は、すでに新しい歴史ステージにある。……亀山郁夫

    80年代ニューアカを愛したひとに。90年代に育ったひとに。そして00年代にもの足りなかったひとに——つまりこれは僕たちのための本だ。……市川真人

著者

立木 康介 (ツイキ コウスケ)

1968年生まれ。京都大学人文科学研究所教授。 主な著書に、『精神分析と現実界』『精神分析の名著』(編著)『露出せよ、と現代文明は言う』『狂気の愛、狂女への愛、狂気のなかの愛』か?ある。

この本の感想をお寄せください

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお気軽にお寄せください。
投稿された内容は、弊社ホームページや新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
※は必須項目です。恐縮ですが、必ずご記入をお願いいたします。
※こちらにお送り頂いたご質問やご要望などに関しましては、お返事することができません。
あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちら




 歳