ジャンル: 
  1. 日本文学 > 
  2. 随筆・紀行

単行本

マルマルフルーツ

まるまる、フルーツ

おいしい文藝

池波 正太郎

佐藤 正午

辻村 深月

堀江 敏幸

三浦 哲郎

宮尾 登美子

受賞
全国学校図書館協議会選定図書

単行本 46 ● 208ページ
ISBN:978-4-309-02495-0 ● Cコード:0095
発売日:2016.08.23

定価1,728円(本体1,600円)

○在庫あり

  • 春の苺、夏の西瓜、秋の梨、冬の林檎。そのほか桃、さくらんぼう、マンゴー、ネーブル、ラ・フランス、びわなどなど。42人の作家がフルーツについて腕をふるう「おいしい文藝」第9弾!

  • 阿川佐和子 いちごの贅沢
    是枝裕和 イチゴ
    田辺聖子 いちごの風合
    巖谷國士 さくらんぼ
    村上春樹 決闘とサクランボ
    三浦哲郎 サクランボを食べながら
    武田百合子 枇杷
    川上弘美 はっさく、ぽんかん、夏みかん
    安野モヨコ ネーブル
    小沼丹 夏蜜柑の花
    戸塚文子 グレープ・フルーツ
    島田雅彦 アンズと格闘
    辻村深月 くだもの絶品料理
    酒井順子 ヤマモモの愉悦
    白石公子 桃の一番おいしい食べ方
    宮尾登美子 桃
    三浦しをん 夏の思い出
    町田康 地下鉄のなかで桃を食う。手も服も。身も心も。
    中上紀 マンゴー、マンゴー
    向田邦子 メロン
    堀江敏幸 西瓜の味
    伊藤比呂美 この夏はスイカを食べずに過ぎにけり。
    青木玉 西瓜の舟
    村岡花子 ぶどうの房
    宮沢章夫 梨の季節
    角田光代 果物は好きですか
    檀一雄 たまには果物の話もしよう
    石井桃子 くだもの やさい
    光野桃 果物の一夜
    森茉莉 子供の時の果物
    生島治郎 吉行淳之介氏とドリアン
    獅子文六 バナナの皮
    穂村弘 小梅とイチジク
    阿刀田高 ラ・フランスを語る
    花村萬月 甘いもの
    池波正太郎 十一月 葡萄と柿
    今東光 柿
    戸板康二 くだものの皮
    内田百閒 林檎
    佐藤正午 リンゴのおいしい食べ方
    江國香織 果物、果物、果物!
    茨木のり子 くだものたち

著者

池波 正太郎 (イケナミ ショウタロウ)

1923年、東京都生まれ。『錯乱』で直木賞を受賞。主な作品に『鬼平犯科帳』『剣客商売』『仕掛人・藤枝梅安』シリーズ、『真田太平記』など。映画通、食通としても知られる。1990年没。

佐藤 正午 (サトウ ショウゴ)

1955年長崎県佐世保市生まれ。『永遠の1/2』ですばる文学賞、『鳩の撃退法』で山田風太郎賞受賞。おもな著作に『リボルバー』『Y』『ジャンプ』など。

辻村 深月 (ツジムラ ミヅキ)

1980年山梨県生まれ。『ツナグ』で吉川英治文学新人賞、『鍵のない夢を見る』で直木賞受賞。おもな著作に『冷たい校舎の時は止まる』『本日は大安なり』『朝が来る』など。

堀江 敏幸 (ホリエ トシユキ)

一九六四年岐阜県生まれ。作家・仏文学者。早稲田大学教授。『おぱらぼん』(三島由紀夫賞)、「熊の敷石」(芥川賞)、『河岸忘日抄』(読売文学賞)、『なずな』(伊藤整文学賞)など著書多数。

三浦 哲郎 (ミウラ テツオ)

1931年青森県生まれ。「忍ぶ川」で芥川賞、『拳銃と十五の短篇』で野間文芸賞、「じねんじょ」「みのむし」で川端康成文学賞受賞。おもな著作に『白夜を旅する人々』『みちづれ』など。2010年没。

宮尾 登美子 (ミヤオ トミコ)

1926年高知県生まれ。『櫂』で太宰治賞、『寒椿』で女流文学賞、『一絃の琴』で直木賞、『序の舞』で吉川英治文学賞受賞。おもな著作に『陽暉楼』『錦』など。2014年没。

この本の感想をお寄せください

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお気軽にお寄せください。
投稿された内容は、弊社ホームページや新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
※は必須項目です。恐縮ですが、必ずご記入をお願いいたします。
※こちらにお送り頂いたご質問やご要望などに関しましては、お返事することができません。
あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちら




 歳