ジャンル: 
  1. 日本文学 > 
  2. 小説

シリーズ: 
  1. 作家と楽しむ古典

全集・シリーズ

サッカトタノシムコテントサニッキツツミチュウナゴンモノガタリマクラノソウシホウジョウキツレヅレグサ

作家と楽しむ古典 土左日記 堤中納言物語 枕草子 方丈記 徒然草

堀江 敏幸

中島 京子

酒井 順子

高橋 源一郎

内田 樹

単行本 46 ● 192ページ
ISBN:978-4-309-72912-1 ● Cコード:0095
発売日:2018.01.25

定価1,512円(本体1,400円)

○在庫あり

  • 代表的な古典作品である土左日記から徒然草まで、人気作家たちはどう捉え、どう訳したのか。作家ならではの古典作品への誘いとそれぞれの文学論が楽しい、大好評の古典講義。

著者

堀江 敏幸 (ホリエ トシユキ)

一九六四年岐阜県生まれ。作家・仏文学者。早稲田大学教授。『おぱらぼん』(三島由紀夫賞)、「熊の敷石」(芥川賞)、『河岸忘日抄』(読売文学賞)、『なずな』(伊藤整文学賞)など著書多数。

中島 京子 (ナカジマ キョウコ)

1964年東京都生まれ。『FUTON』でデビュー。著書に『小さいおうち』(直木賞)、『かたづの!』(河合隼雄物語賞・柴田錬三郎賞)、『長いお別れ』(中央公論文芸賞)等。

酒井 順子 (サカイ ジュンコ)

1966年東京生まれ。エッセイスト。高校在学中にコラムを執筆。立教大学卒業後、広告代理店勤務を経て執筆業に専念。『負け犬の遠吠え』で婦人公論文芸賞、講談社エッセイ賞を受賞。著書に『子の無い人生』など。

高橋 源一郎 (タカハシ ゲンイチロウ)

1951年、広島県生まれ。81年『さようなら、ギャングたち』で群像新人賞優秀作を受賞しデビュー。『優雅で感傷的な日本野球』で三島賞、『日本文学盛衰史』で伊藤整文学賞、『さよならクリストファー・ロビン』で谷崎賞を受賞。

内田 樹 (ウチダ タツル)

1950年東京生まれ。思想家、エッセイスト。2007年『私家版・ユダヤ文化論』で小林秀雄賞、10年『日本辺境論』で新書大賞2010を受賞。11年伊丹十三賞受賞。著書に『寝ながら学べる構造主義』など。

この本の感想をお寄せください

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお気軽にお寄せください。
投稿された内容は、弊社ホームページや新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
※は必須項目です。恐縮ですが、必ずご記入をお願いいたします。
※こちらにお送り頂いたご質問やご要望などに関しましては、お返事することができません。
あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちら




 歳