二度とやって来ない時代のライフスタイル読本

単行本

タマラナクアーベイン

たまらなく、アーベイン

田中 康夫

単行本 46変形 ● 496ページ
ISBN:978-4-309-02376-2 ● Cコード:0095
発売日:2015.05.26

定価2,808円(本体2,600円)

○在庫あり

  • AORの名盤を100枚セレクトして、エッセイ仕立てで徹底ガイド。80年代の息吹を伝えるライフスタイルカタログとしても楽しめる! 菊地成孔氏も絶賛するあの伝説の名著がいま甦る。

    あの『なんとなく、クリスタル』と並ぶ、80年代のもう一つの名著! AORの名盤を100枚セレクト。朝、昼、夕方、夜、4つのシチュエーション別にわけて、エッセイ仕立てで徹底ガイド。80年代の息吹を伝えるライフスタイルカタログとしても楽しめる。過去にも現在にも決して存在したことのない伝説の名著が、ついに帰ってきた。
    ………………………………………………………………………………………………………………
    現在のクラブカルチャーと基本的には繋がったままの「日本選曲家協会」の設立に先駆けること2年。「アーバン」を「アーベイン」と発音する日は、予め我が国には来ない事が約束されており、クラブもDJブースもDJ用のタンテやヘッドフォンもこの世になかった頃、ディスコやサテライトスタジオでヒットチャートや輸入レコードをプレイし、軽快な解説のおしゃべりを加える、「ディスクジョッキー」という仕事は、次世代に葬られるべきファックなキャンプだった。DCブランドに身を包み、チーフを巻いたまま軽々とこのアルバイトを愉しんでいた田中康夫は、恐らく世界で最初の「選曲の本」を、都市生活者の心得として意図せず提言的に出版した。それが本書である。1984年版のままパッケージされた本書を紐解く事で、我々は「バブルなんてファック」といった蒙昧極まりない苛立ちや諦めの根源をなすリアルと再び向かい合うことになるであろう。「なんとなく、クリスタル」と比肩しうる、「真の高度消費経済下の都市生活」の記録として、有史以前の預言の書として、プロレタリアート文学の反極に位置する文学として、何度でも読み返されるべき異形の、 二度とやって来ない時代のライフスタイル読本。
    ——菊地成孔氏(音楽家/文筆家/DJ)

著者

田中 康夫 (タナカ ヤスオ)

1956年東京都生まれ。一橋大学在学中の1980年に『なんとなく、クリスタル』で文藝賞受賞。長野県知事、衆参国会議員を歴任。著書『昔みたい』『33年後のなんとなく、クリスタル』他、著書多数。

この本の感想をお寄せください

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお気軽にお寄せください。
投稿された内容は、弊社ホームページや新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
※は必須項目です。恐縮ですが、必ずご記入をお願いいたします。
※こちらにお送り頂いたご質問やご要望などに関しましては、お返事することができません。
あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちら




 歳