1980年、日本がバブル経済に沸く直前の東京。
その「豊かさ」の中で生きる、女子大生でモデルの由利を膨大な“注”とともに描いた、不朽の名作!

河出文庫 た8-1

シンソウバンナントナククリスタル

新装版 なんとなく、クリスタル

田中 康夫

河出文庫 文庫 ● 248ページ
ISBN:978-4-309-41259-7 ● Cコード:0193
発売日:2013.11.06

定価821円(本体760円)

○在庫あり

買物かごへ入れる

  • 一九八〇年東京。大学に通うかたわらモデルを続ける由利。なに不自由ない豊かな生活、でも未来は少しだけ不透明。彼女の目から日本社会の豊かさとその終焉を予見した、永遠の名作。

    これほど深く、徹底的に、資本主義社会と
    対峙した小説を、ぼくは知らない——高橋源一郎

著者

田中 康夫 (タナカ ヤスオ)

1956年東京都生まれ。一橋大学在学中の1980年に『なんとなく、クリスタル』で文藝賞受賞。長野県知事、衆参国会議員を歴任。著書『昔みたい』『33年後のなんとなく、クリスタル』他、著書多数。

この本の感想をお寄せください

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお気軽にお寄せください。
投稿された内容は、弊社ホームページや新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
※は必須項目です。恐縮ですが、必ずご記入をお願いいたします。
※こちらにお送り頂いたご質問やご要望などに関しましては、お返事することができません。
あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちら




 歳