ジャンル: 
  1. 政治・経済・社会 > 
  2. 社会

シリーズ: 
  1. 河出新書

河出新書 -016

カクサトカイキュウノセンゴシ

〈格差〉と〈階級〉の戦後史

橋本 健二

新書 新書 ● 408ページ
ISBN:978-4-309-63117-2 ● Cコード:0236
発売日:2020.01.28

定価1,210円(本体1,100円)

○在庫あり

  • 格差論の決定版『「格差」の戦後史』を、10年の時を経て、新データも加えアップデート。ヤミ市、復興、高度成長、一億総中流、アンダークラスの出現……この社会はいかにして生まれたか。

    この社会はどのようにして、現在のようなかたちになったのか?
    敗戦、ヤミ市、復興、高度成長、「一億総中流」、
    バブル景気、日本経済の再編成、アンダークラスの出現……
    「格差」から見えてくる戦後日本のすがたとは――
    根拠なき格差論議に終止符を打った名著『「格差」の戦後史』を、
    10年の時を経て、新データも加えながら大幅に増補改訂。
    日本社会を論じるならこの一冊から。

    格差と貧困から見えてくる、この社会の自画像
    貧しさからの出発――敗戦から1950年まで
    「もはや戦後ではない」――1950年代 
    青春時代の格差社会――1960年代
    「一億総中流」のなかの格差――1970年代
    格差拡大の始まり――1980年代
    日本社会の再編成――1990年代
    新しい階級社会の形成――2000年代
    アンダークラスの時代――2010年代
    日本の階級社会に未来はあるのか――!?

著者

橋本 健二 (ハシモト ケンジ)

1959年生まれ。早稲田大学人間科学学術院教授(社会学)。データを駆使して日本社会の階級構造を浮き彫りにする。『はじまりの戦後日本』『新・日本の階級社会』『アンダークラス』など。

この本の感想をお寄せください

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお気軽にお寄せください。
投稿された内容は、弊社ホームページや新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
※は必須項目です。恐縮ですが、必ずご記入をお願いいたします。
※こちらにお送り頂いたご質問やご要望などに関しましては、お返事することができません。
あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちら




 歳