検索結果

1604件中 161180件を表示 | 表示件数   件

海鰻荘奇談

文庫・新書

KAWADEノスタルジック 探偵・怪奇・幻想シリーズ

海鰻荘奇談
香山滋傑作選

香山 滋 著 日下 三蔵

ゴジラ原作者としても有名な、幻想・推理小説の名手・香山滋の傑作選。デビュー作「オラン・ペンデクの復讐」、第一回探偵作家クラブ新人賞受賞「海鰻荘奇談」他、怪奇絢爛全十編。

  • 河出文庫 / 384頁
  • 2017.11.07発売
  • ISBN 978-4-309-41578-9

定価902円(本体820円)

○在庫あり

詳細を見る
南方熊楠

文庫・新書

南方熊楠
近代神仙譚

佐藤 春夫

同郷の熊野出身の博物・民俗学者・南方熊楠を紹介した初めての評伝。熊楠生誕百五十年に、初めて文庫化。読みやすい新字新仮名で。

  • 河出文庫 / 184頁
  • 2017.11.07発売
  • ISBN 978-4-309-41579-6

定価858円(本体780円)

○在庫あり

詳細を見る
アンフェアな国

文庫・新書

刑事 雪平夏見

アンフェアな国

秦 建日子

外務省職員が犠牲となった謎だらけの轢き逃げ事件。新宿署に異動した雪平の元に、逮捕されたのは犯人ではないという目撃証言が入ってきて……。真相を追い雪平は海を渡る! 人気シリーズ第五弾!

  • 河出文庫 / 408頁
  • 2017.10.17発売
  • ISBN 978-4-309-41568-0

定価748円(本体680円)

○在庫あり

詳細を見る
世界が終わる街

文庫・新書

世界が終わる街
戦力外捜査官

似鳥 鶏

前代未聞のテロを起こし、解散に追い込まれたカルト教団・宇宙神瞠会。教団名を変え穏健派に転じたはずが、一部の信者は〈エデン〉へ行くための聖戦=同時多発テロを計画していた……人気シリーズ第四弾!

  • 河出文庫 / 360頁
  • 2017.10.06発売
  • ISBN 978-4-309-41561-1

定価748円(本体680円)

○在庫あり

詳細を見る
鉄鎖殺人事件

文庫・新書

KAWADEノスタルジック 探偵・怪奇・幻想シリーズ

鉄鎖殺人事件

浜尾 四郎

質屋の殺人現場に遺棄された、西郷隆盛の引き裂かれた肖像画群。その中に残された一枚は、死体の顔と酷似していた……元検事藤枝慎太郎が挑む、著者の本格探偵長篇代表作。

  • 河出文庫 / 446頁
  • 2017.10.06発売
  • ISBN 978-4-309-41570-3

定価880円(本体800円)

○在庫あり

詳細を見る
ちんちん電車

文庫・新書

ちんちん電車

獅子 文六

品川、新橋、銀座、日本橋、上野、浅草……獅子文六が東京を路面電車でめぐりながら綴る、愛しの風景、子ども時代の記憶、うまいもの。ゆったりと古きよき時代がよみがえる名エッセイ、新装版。

  • 河出文庫 / 200頁
  • 2017.10.06発売
  • ISBN 978-4-309-41571-0

定価792円(本体720円)

○在庫あり

詳細を見る
黒猫ジュリエットの話

文庫・新書

黒猫ジュリエットの話

森 茉莉 著 早川 茉莉

「私はその頃、ボロアパートとJapoとを愛していた」「私は散歩の度、買い物の度に抱き歩いて見せびらかしていた」大きな黒猫Japoとともに暮らした十四年間。森茉莉言葉で描かれた愛すべき猫たち。

  • 河出文庫 / 208頁
  • 2017.10.06発売
  • ISBN 978-4-309-41572-7

定価814円(本体740円)

○在庫あり

詳細を見る
空間へ

文庫・新書

空間へ

磯崎 新

世界的建築家・磯崎新。その軌跡の第一歩となる伝説の単著がついに文庫化。一九六〇年代を通じて記された論文・エッセイをクロノジカルに並べ、状況と対峙・格闘した全記録がここにまとまる。

  • 河出文庫 / 584頁
  • 2017.10.06発売
  • ISBN 978-4-309-41573-4

定価1,540円(本体1,400円)

○在庫あり

詳細を見る
ゼロの日に叫ぶ

文庫・新書

ゼロの日に叫ぶ
戦力外捜査官

似鳥 鶏

都内の暴力団が何者かに殲滅され、偶然居合わせた刑事二人も重傷を負う事件が発生。警視庁の威信をかけた捜査が進む裏で、東京中をパニックに陥れる計画が進められていた――人気シリーズ第三弾、文庫化!

  • 河出文庫 / 416頁
  • 2017.09.06発売
  • ISBN 978-4-309-41560-4

定価814円(本体740円)

○在庫あり

詳細を見る
動きすぎてはいけない

文庫・新書

動きすぎてはいけない
ジル・ドゥルーズと生成変化の哲学

千葉 雅也

全生活をインターネットが覆い、我々は窒息しかけている――接続過剰の世界に風穴を開ける「切断の哲学」。異例の哲学書ベストセラーを文庫化! 付*千葉=ドゥルーズ思想読解の手引き。

  • 河出文庫 / 480頁
  • 2017.09.06発売
  • ISBN 978-4-309-41562-8

定価1,100円(本体1,000円)

○在庫あり

詳細を見る
がらくた少女と人喰い煙突

文庫・新書

がらくた少女と人喰い煙突

矢樹 純

立ち入る人数も管理された瀬戸内海の孤島で陰惨な連続殺人事件が起こる。ゴミ収集癖のある《強迫性貯蔵症》の美少女と、他人の秘密を覗かずにはいられない《盗視症》の主人公が織りなす本格ミステリー。

  • 河出文庫 / 400頁
  • 2017.09.06発売
  • ISBN 978-4-309-41563-5

定価869円(本体790円)

○在庫あり

詳細を見る
HOSONO百景

文庫・新書

HOSONO百景
いつか夢に見た音の旅

細野 晴臣 著 中矢 俊一郎

沖縄、LA、ロンドン、パリ、東京、フクシマ。世界各地の人や音、訪れたことなきあこがれの楽園。記憶の糸が道しるべ、ちょっと変わった世界音楽旅行記。新規語りおろしも入って文庫化!

  • 河出文庫 / 272頁
  • 2017.09.06発売
  • ISBN 978-4-309-41564-2

定価825円(本体750円)

○在庫あり

詳細を見る
性愛論

文庫・新書

性愛論

橋爪 大三郎

ひとはなぜ、愛するのか。身体はなぜ、もうひとつの身体を求めるのか。猥褻論、性別論、性関係論からキリスト教圏の性愛倫理とその日本的展開まで。永遠の問いを原理的に考察。

  • 河出文庫 / 264頁
  • 2017.09.06発売
  • ISBN 978-4-309-41565-9

定価990円(本体900円)

○在庫あり

詳細を見る
疑問の黒枠

文庫・新書

KAWADEノスタルジック 探偵・怪奇・幻想シリーズ

疑問の黒枠

小酒井 不木

差出人不明の謎の死亡広告を利用して、擬似生前葬と還暦祝いを企図した村井喜七郎は実際に死亡し……不木長篇最高傑作の初の文庫化。

  • 河出文庫 / 304頁
  • 2017.09.06発売
  • ISBN 978-4-309-41566-6

定価880円(本体800円)

○在庫あり

詳細を見る
青少年のための自殺学入門

文庫・新書

青少年のための自殺学入門

寺山 修司

鬼才・寺山修司が自殺をあらゆる角度から考察しつくし、生と死を問いなおすいまだに衝撃的な<自殺学>への招待。

  • 河出文庫 / 160頁
  • 2017.09.06発売
  • ISBN 978-4-309-41567-3

定価704円(本体640円)

○在庫あり

詳細を見る
93番目のキミ

文庫・新書

93番目のキミ

山田 悠介

心を持つ成長型ロボット「シロ」を購入した也太は、事件に巻き込まれて絶望する姉弟を救えるのか? シロの健気な気持ちはやがて也太やみんなの心を変えていくのだが……ホラーの鬼才がおくる感動の物語。

  • 河出文庫 / 360頁
  • 2017.08.08発売
  • ISBN 978-4-309-41542-0

定価660円(本体600円)

○在庫あり

詳細を見る
この世のメドレー

文庫・新書

この世のメドレー

町田 康

絶海の孤島で死すら乗りこえ超然の高みに達したはずの「余」を、ひとりの小癪な若者が破滅の旅へと誘う。神の意志か、悪魔の意志か。人間存在そのものと世界の深淵に迫る、『どつぼ超然』に続く傑作長篇。

  • 河出文庫 / 352頁
  • 2017.08.08発売
  • ISBN 978-4-309-41552-9

定価836円(本体760円)

○在庫あり

詳細を見る
美しの神の伝え

文庫・新書

美しの神の伝え
萩尾望都 小説集

萩尾 望都

萩尾望都の圧倒的幻想世界。一九七七~八〇年「奇想天外」に発表したSF小説十一編に加え、単行本未収録の二作「クリシュナの季節」&マンガ「いたずららくがき」も特別収録。異世界へ導かれる全十六編。

  • 河出文庫 / 448頁
  • 2017.08.08発売
  • ISBN 978-4-309-41553-6

定価990円(本体900円)

○在庫あり

詳細を見る
妖櫻記 上

文庫・新書

妖櫻記 上

皆川 博子

時は室町。嘉吉の乱を発端に、南朝の血を引く少年・阿麻丸、赤松家の姫・桜姫、活傀儡・五琴に異形ら、死者生者が入り乱れ運命が動きだす。著者畢生の傑作長篇伝奇小説、復活!

  • 河出文庫 / 472頁
  • 2017.08.08発売
  • ISBN 978-4-309-41554-3

定価1,320円(本体1,200円)

○在庫あり

詳細を見る
妖櫻記 下

文庫・新書

妖櫻記 下

皆川 博子

阿麻丸と桜姫は京に近江に流転し、玉琴の遺児清玄は桜姫の髑髏を求める中、後南朝の二人の宮と神器をめぐって吉野に火の手が上がる……! 応仁の乱前夜を舞台に絢爛に繰り広げられる一大伝奇、完結篇。

  • 河出文庫 / 512頁
  • 2017.08.08発売
  • ISBN 978-4-309-41555-0

定価1,430円(本体1,300円)

○在庫あり

詳細を見る