ジャンル: 
  1. 外国文学 > 
  2. 小説・戯曲・詩歌

単行本

タイヨウガシンダヒ

太陽が死んだ日

閻 連科

泉 京鹿

谷川 毅

単行本 46変形 ● 336ページ
ISBN:978-4-309-20861-9 ● Cコード:0097
発売日:2022.09.27(予定)

予価3,960円(本体3,600円)

※未刊

  • ある日突然、村人たちに夢遊病が流行する。欲望をさらけだし、略奪や殺人を犯す人々。14歳の少年の目に映る白日夢の世界。『1984』『白の闇』と並び称される最高傑作。紅楼夢賞受賞。

著者

閻 連科 (エン レンカ)

1958年中国河南省生まれ。80年代から小説を発表。2003年『愉楽』で老舎文学賞受賞。その後、本書を含め多数の作品が発禁扱いとなる。14年フランツ・カフカ賞受賞。ノーベル賞の有力候補と目されている。

泉 京鹿 (イズミ キョウカ)

1971年生まれ。訳書に、余華『兄弟』、閻連科『炸裂志』、林奕含『房思琪(ファン・スーチー)の初恋の楽園』、A・ベイビー『さよなら、ビビアン』、衛慧『衛慧みたいにクレイジー』など。

谷川 毅 (タニカワ ツヨシ)

1959年生まれ。名古屋経済大学教授。訳書に、閻連科『愉楽』『黒い豚の毛、白い豚の毛』『丁庄の夢』『硬きこと水のごとし』『年月日』『人民に奉仕する』、周大新『安魂』など。

この本の感想をお寄せください

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお気軽にお寄せください。
投稿された内容は、弊社ホームページや新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
※は必須項目です。恐縮ですが、必ずご記入をお願いいたします。
※こちらにお送り頂いたご質問やご要望などに関しましては、お返事することができません。
あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちら




 歳