ジャンル: 
  1. 歴史・地理・民俗 > 
  2. 日本の歴史

単行本

テンカワケメノセキガハラノカッセンハナカッタ

天下分け目の関ヶ原の合戦はなかった

一次史料が伝える“通説を根底から覆す”真実とは――

乃至 政彦

高橋 陽介

単行本 46 ● 272ページ
ISBN:978-4-309-24860-8 ● Cコード:0021
発売日:2018.04.25

定価1,760円(本体1,600円)

○在庫あり

  • 主戦場は関ヶ原の平野ではなく、三成も家康もいなかった! 小早川は突然寝返ったわけではない! ……一次資料から、従来の「関ヶ原合戦」観を根底から覆す、驚愕の史実が浮かび上がる!

著者

乃至 政彦 (ナイシ マサヒコ)

1974年、香川県生まれ。歴史家。著書は『平将門と天慶の乱』『戦国の陣形』『信長を操り、見限った男 光秀』ほか多数。そのほか監修、講演、テレビ出演を務める。

高橋 陽介 (タカハシ ヨウスケ)

1969年、静岡県生まれ。歴史研究者。東海古城研究会・勝永座談会・佐賀戦国研究会・織豊研究会に所属。関ケ原合戦の研究者として注目される。著書に『秀吉は「家康政権」を遺言していた』他がある。

この本の感想をお寄せください

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお気軽にお寄せください。
投稿された内容は、弊社ホームページや新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
※は必須項目です。恐縮ですが、必ずご記入をお願いいたします。
※こちらにお送り頂いたご質問やご要望などに関しましては、お返事することができません。
あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちら




 歳