河出ブックス

最新刊

編集者のことば

「教養」を新しく組み立て直す試みは、これまでも数限りなく行なわれてきましたが、 人間が蓄積してきた知の底力は、まだまだこんなものではありません。
「河出ブックス」は、書き手からも、読み手からも、未知のポテンシャルを引き出すことで、ひとつの「知りたい」が次の「知りたい」を生み出すような連鎖反応を巻き起こしていきたいと考えています。

これから出る本

一覧

2017.01.27発売予定

青年の主張

佐藤 卓己

毎年「成人の日」に放送された、あの国民的番組を覚えているか!?  1950年代から大衆的感性を鏡のように映し続けた弁論イベントの、戦後日本社会における機能を問う画期的メディア史。

2017.02.14発売予定

理性の起源

網谷 祐一

理性があることは進化で有利なのか。どのようなかたちの理性が進化したのだろうか。最新の諸科学の成果をふまえながら、ヒトらしさの根源に迫る知的エンタテイメント。 戸田山和久氏推薦。

2017.02.14発売予定

死者はどこへいくのか

大城 道則

人は死後どこへいくのか。太古の昔から問いかけられてきた人類最大の謎を月本昭男・松村一男・大城道則・菊地達也・久恒晃代・設楽博巳・伊藤由希子・竹内整一ら第一線の研究者が読み解く。