ジャンル: 
  1. 外国文学 > 
  2. 小説・戯曲・詩歌

単行本

ムズカシイトシゴロ

むずかしい年ごろ

アンナ・スタロビネツ

沼野 恭子

北川 和美

受賞
日経

単行本 46 ● 256ページ
ISBN:978-4-309-20716-2 ● Cコード:0097
発売日:2016.09.23

定価2,376円(本体2,200円)

○在庫あり

  • 土と血のにおい漂う、残酷で狂気に満ちた現代ロシアン・ホラー登場! 双子の息子の異様な行動に怯えるシングルマザーの恐怖を描く衝撃の表題作他、新鋭女性作家による全8編。

    自分が自分のものでないことをどうして忘れていられたのだろう?
    でも、もうだめだ。いっしょに絶望しましょう。————藤野可織(作家)

    ゴーゴリ、ブルガーコフの怪奇・幻想の系譜を継ぎながら、現代の恐怖を斬新に描く。
    ロシアを震撼させた女性作家、26歳の衝撃デビュー作!

    6歳の双子の兄がある日何かにおかされ、10年の年月をかけて徐々に醜く変身していく。やがて双子の妹と母親に訪れるあまりに残酷な結末……中編「むずかしい年ごろ」をはじめ、革命と呼ばれる殺戮のなか、生き残った者が人造人間を購入する黙示録的未来小説「生者たち」、列車の中で目覚めた男が別世界に迷いこむ「家族」、心臓が止まっても生き続ける男の不条理小説「ヤーシャの永遠」、異物に取り憑かれた男の話「待っている」ほか、全8編を収録した作品集。
    現代ロシアを代表する若手作家のひとり、アンナ・スタロビネツによる初作品集!

    《目次》
    むずかしい年ごろ
    生者たち
    家族
    エージェント
    隙間
    ルール
    ヤーシャの永遠
    私は待っている

著者

アンナ・スタロビネツ (スタロビネツ,アンナ)

1978年モスクワ生まれ。モスクワ大学文学部卒業後、記者等を経てデビュー。ロシアでは稀少な若手ホラー作家として一躍注目を浴びる。ナショナル・ベストセラー賞候補、ポルタル賞受賞ほか数々の国内賞に輝く。

沼野 恭子 (ヌマノ キョウコ)

1957年東京生まれ。東京外国語大学教授。著者に『夢のありか――「未来の後」のロシア文学』『ロシア文学の食卓』他、訳書にアクーニン『リヴィアサン号殺人事件』、ウリツカヤ『女が嘘をつくとき』など多数。

北川 和美 (キタガワ カズミ)

東京大学大学院中退。専攻は現代ロシア文学。翻訳家・ロシア語通訳。訳書にV・フレーブニコワ『ティリとネリ』、P・ワイリ&A・ゲニス『亡命ロシア料理』(共訳)など。

この本の感想をお寄せください

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお気軽にお寄せください。
投稿された内容は、弊社ホームページや新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
※は必須項目です。恐縮ですが、必ずご記入をお願いいたします。
※こちらにお送り頂いたご質問やご要望などに関しましては、お返事することができません。
あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちら




 歳