全集・シリーズ

ヒグチイチヨウタケクラベナツメソウセキモリオウガイ

樋口一葉 たけくらべ/夏目漱石/森鴎外

川上 未映子

夏目 漱石

森 鴎外

受賞
全国学校図書館協議会選定図書

単行本 46変形 ● 568ページ
ISBN:978-4-309-72883-4 ● Cコード:0393
発売日:2015.02.13

定価3,132円(本体2,900円)

○在庫あり

  • 時は明治、舞台は東京。思春期の少年少女の淡い想いが交錯するた一葉「たけくらべ」(新訳・川上未映子)、上京した青年の惑いを描いた漱石「三四郎」と鴎外「青年」。青春小説の傑作を集成。

    明治はまずもって清新な時代であった。まずは擬古文ながらモダンな一葉の「たけくらべ」を現代語訳で供し、その後に知的な青年を主人公とした「三四郎」と「青年」を配置する。(池澤夏樹)

    【ぼくがこれを選んだ理由】
    明治になって社会の重心は若い人たちの方にシフトした。いきなり未来を預けられた青年たちの戸惑いを漱石は「三四郎」に書き、鷗外は「青年」に書いた。「たけくらべ」の色調は江戸期への郷愁だが、その一方でこれはモダニズムの都会小説でもある。(池澤)

    【新訳にあたって】
    一葉が今「たけくらべ」を書いたら絶対にこうなったにちがいないと信じきって&あの匂いあの話し声あの時間に持てるすべてを浸しきって、全力全愛でとりくむ所存です。(川上未映子)


    吉原の廓の隣町を舞台に、快活な十四歳の美少女・美登利と、内向的な少年・信如の淡い想いが交錯する、一葉「たけくらべ」(新訳・川上未映子)。
    東大入学のために上京し、初めて出会う都会の自由な女性や友人に翻弄される青年を描いた、漱石「三四郎」。
    謎めいた未亡人と関係を重ねる作家志望の文学青年・小泉純一が、芸術と恋愛の理想と現実の狭間で葛藤する、鷗外「青年」。
    明治時代に新しい文学を切り開いた文豪三人による、青春小説の傑作三作を収録。

    ◎解題・年譜・参考資料=紅野謙介
    ◎解説=池澤夏樹
    ◎月報:高橋源一郎・水村美苗

    帯装画=浅野いにお

    【収録作品】
    樋口一葉「たけくらべ」(訳・川上未映子)
    夏目漱石「三四郎」
    森鴎外「青年」

著者

川上 未映子 (カワカミ ミエコ)

1976年、大阪府生まれ。2008年、『乳と卵』で第138回芥川賞を受賞。2013年、短編集『愛の夢とか』で第49回谷崎潤一郎賞受賞。「マリーの愛の証明」にてGranta Best of Young Japanese Novelists 2016に選出。他に『ヘヴン』『すべて真夜中の恋人たち』『あこがれ』、詩集『水瓶』や村上春樹との共著『みみずくは黄昏に飛びたつ』など著書多数。最新刊は『ウィステリ

夏目 漱石 (ナツメ ソウセキ)

森 鴎外 (モリ オウガイ)

この本の感想をお寄せください

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお気軽にお寄せください。
投稿された内容は、弊社ホームページや新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
※は必須項目です。恐縮ですが、必ずご記入をお願いいたします。
※こちらにお送り頂いたご質問やご要望などに関しましては、お返事することができません。
あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちら




 歳