検索結果

16315件中 141160件を表示 | 表示件数   件

30日間でボケない脳をつくる数字ドリル

趣味・実用・芸術

30日間でボケない脳をつくる数字ドリル
大きな文字で見やすい!書き込みやすい!

保坂 隆

算数パズルで脳力アップ! 脳を鍛える形・図形の問題+楽しく解ける算数パズル。ゲーム感覚でできる30日間チャレンジで脳を若返らせましょう。大きな文字だから読みやすく書き込みやすい!

  • 単行本 / 120頁
  • 2017.06.16発売
  • ISBN 978-4-309-25364-0

定価1,026円(本体950円)

○在庫あり

詳細を見る
〔2017~2018年版〕30年後に絶対後悔しない中古マンションの選び方

趣味・実用・芸術

〔2017~2018年版〕30年後に絶対後悔しない中古マンションの選び方

株式会社オウチーノ 監修

中古マンションの安全性や将来的な資産価値の見抜き方、住宅ローンの選び方と売買契約のチェックポイント、すまい給付金や住宅ローン減税、リフォームについてまでこの一冊で全てがわかる!

  • 単行本 / 224頁
  • 2017.06.15発売
  • ISBN 978-4-309-27848-3

定価1,944円(本体1,800円)

○在庫あり

詳細を見る
〔2017~2018年版〕10年後に絶対後悔しない中古一戸建ての選び方

趣味・実用・芸術

〔2017~2018年版〕10年後に絶対後悔しない中古一戸建ての選び方

株式会社オウチーノ 監修

マンションよりも中古一戸建てが将来的にずっと得!? 失敗しない物件の判別法、住宅ローンの借入と返済、契約と法律の知識、すまい給付金や住宅ローン減税まで、不動産のプロが徹底解説。

  • 単行本 / 224頁
  • 2017.06.15発売
  • ISBN 978-4-309-27849-0

定価1,944円(本体1,800円)

○在庫あり

詳細を見る
シュレーディンガーの猫を追って

外国文学

シュレーディンガーの猫を追って

フィリップ・フォレスト 著 澤田 直小黒 昌文

夜の庭にふいに現れた一匹の猫。壁を抜けて出現と消失を繰り返す猫はパラレル・ワールドを自在に行き来しているのか。愛娘を失った痛みに対峙しつつ、量子力学と文学との接点を紡ぐ傑作。

  • 単行本 / 320頁
  • 2017.06.14発売
  • ISBN 978-4-309-20729-2

定価3,456円(本体3,200円)

△2週間~

詳細を見る
医者は患者をこう診ている

自然科学・医学

医者は患者をこう診ている
10分間の診察で医師が考えていること

グレアム・イーストン 著 葛西 龍樹 日本語版監修 栗木 さつき

あなたの健康のために、医者は日々どんなことを考え、どのように診断をくだしているのか? イギリスの家庭医・総合診療専門医の思考過程を通して、医療制度のあるべき姿を考える。

  • 単行本 / 448頁
  • 2017.06.14発売
  • ISBN 978-4-309-24809-7

定価2,484円(本体2,300円)

○在庫あり

詳細を見る
+81 vol.76

芸術・芸能

+81

+81 vol.76
Comme des Garcons issue

ディー・ディー・ウェーブ

5月にNYのMETにてCOMME des GARCONS展が開催される。同展の展覧内容構成を網羅しつつ、関係者のインタビューや関連ヴィジュアル、過去のアーカイヴを合わせて紹介。

  • 単行本 / 118頁
  • 2017.06.14発売
  • ISBN 978-4-309-92126-6

定価1,296円(本体1,200円)

△2週間~

詳細を見る
老い越せ、老い抜け、老い飛ばせ

日本文学

老い越せ、老い抜け、老い飛ばせ

石川 恭三

今日一日、明るく生きよう! 80歳現役医師が教える老化防止の秘策、豊かに歳を重ねるための極意。「一日を<松竹梅>三つの時間に区切る」「高齢者は経験武装をした強者」等、名文で綴る。

  • 単行本 / 208頁
  • 2017.06.13発売
  • ISBN 978-4-309-02576-6

定価842円(本体780円)

○在庫あり

詳細を見る
囚われの島

日本文学

囚われの島

谷崎 由依

新聞記者の由良が出会った、盲目の調律師・徳田。いつしか二人の記憶は、時代を超えてある村の記憶へと接続する。雑誌掲載時より話題! 「救い」と「犠牲」を現代に問う傑作!

  • 単行本 / 290頁
  • 2017.06.13発売
  • ISBN 978-4-309-02577-3

定価1,728円(本体1,600円)

○在庫あり

詳細を見る
ユリシーズ航海記

外国文学

ユリシーズ航海記
『ユリシーズ』を読むための本

柳瀬 尚紀

天才翻訳家が遺した『ユリシーズ』に関する文章を集成。第12章の発犬伝をはじめ、1922年のパリ、音楽、競馬、13-18章の試訳など、ジョイスフルな言葉に満ちたファン待望の一冊。

  • 単行本 / 376頁
  • 2017.06.13発売
  • ISBN 978-4-309-02585-8

定価3,456円(本体3,200円)

○在庫あり

詳細を見る
被差別の民俗学

歴史・地理・民俗

被差別の民俗学

折口 信夫

折口に「被差別」を冠した本はないが、元々そうした問題意識と密接に研究を始めた。その領域の貴重な文章と、体験的な思い出を綴ったエッセイでまとめる。解説=安藤礼二。

  • 単行本 / 224頁
  • 2017.06.13発売
  • ISBN 978-4-309-22706-1

定価2,592円(本体2,400円)

△2週間~

詳細を見る
シンデレラの謎

外国文学

河出ブックス

シンデレラの謎
なぜ時代を超えて世界中に拡がったのか

浜本 隆志

誰もが知っているシンデレラの話は、実は古代エジプトから日本まで地域、時代を超えて世界中に広がっていた。その伝搬の謎を、太古の人類大移動にまで遡りながら解明する知的な冒険。

  • 単行本 / 240頁
  • 2017.06.13発売
  • ISBN 978-4-309-62505-8

定価1,620円(本体1,500円)

○在庫あり

詳細を見る
亀井静香、天下御免!

政治・経済・社会

亀井静香、天下御免!

岸川 真

政界をたえず揺るがしてきた亀井静香がはじめてすべてを語ってあきらかにした波瀾万丈の半生。学生時代から警察、そして政界での激動を初公開のエピソード満載でたどる。

  • 単行本 / 248頁
  • 2017.06.12発売
  • ISBN 978-4-309-24802-8

定価1,728円(本体1,600円)

△2週間~

詳細を見る
家庭で作れるポルトガル料理

趣味・実用・芸術

家庭で作れるポルトガル料理

丹田 いづみ

家庭で作れる、人気のポルトガル料理、手軽な一品からご馳走料理まで簡単でおいしいレシピを多数紹介。大好評ロングセラーの『家庭で作るポルトガル料理』(2008年刊)の改題・新装版。

  • 単行本 / 96頁
  • 2017.06.12発売
  • ISBN 978-4-309-28636-5

定価1,728円(本体1,600円)

○在庫あり

詳細を見る
キャロル・キング

文藝別冊

キャロル・キング

河出書房新社編集部

ミュージシャンからリスペクトを集めつづけ、この国の音楽シーンにも大きな影響を与えてきた偉大なる歌姫の軌跡と魅力の核心にせまる全音楽ファン待望の一冊。五輪真弓、伊藤銀次、落合恵子他。

  • ムック / 192頁
  • 2017.06.12発売
  • ISBN 978-4-309-97919-9

定価1,404円(本体1,300円)

○在庫あり

詳細を見る
どつぼ超然

文庫・新書

どつぼ超然

町田 康

余という一人称には、すべてを乗りこえていて問題にしない感じがある。これでいこう――爆発する自意識。海辺の温泉町を舞台に、人間として、超然者として「成長してゆく」余の姿を活写した傑作長編。

  • 河出文庫 / 360頁
  • 2017.06.06発売
  • ISBN 978-4-309-41534-5

定価853円(本体790円)

○在庫あり

詳細を見る
ぼくの宝物絵本

文庫・新書

ぼくの宝物絵本

穂村 弘

忘れていた懐かしい絵本や未知の輝きをもった絵本に出会い、買って買って買いまくるのは夢のように楽しい……戦前のレトロな絵本から最新絵本まで、名作絵本の魅力を紹介。オールカラー図版満載。

  • 河出文庫 / 224頁
  • 2017.06.06発売
  • ISBN 978-4-309-41535-2

定価799円(本体740円)

○在庫あり

詳細を見る
小川洋子の陶酔短篇箱

文庫・新書

小川洋子の陶酔短篇箱

小川 洋子 編著

川上弘美「河童玉」、泉鏡花「外科室」など、小川洋子が偏愛する短篇小説十六篇と作品ごとの解説エッセイ。摩訶不思議で面白い物語と小川洋子のエッセイが奏でる究極のアンソロジー。

  • 河出文庫 / 360頁
  • 2017.06.06発売
  • ISBN 978-4-309-41536-9

定価929円(本体860円)

○在庫あり

詳細を見る
とむらい師たち

文庫・新書

とむらい師たち
野坂昭如ベスト・コレクション

野坂 昭如

死者の顔が持つ迫力に魅了された男・ガンめん。葬儀の産業化に狂奔する男・ジャッカン。大阪を舞台に、とむらい師たちの愚行と奮闘を通じ「生」の根源を描く表題作のほか、初期代表作を収録。

  • 河出文庫 / 288頁
  • 2017.06.06発売
  • ISBN 978-4-309-41537-6

定価972円(本体900円)

○在庫あり

詳細を見る
日本の悪霊

文庫・新書

日本の悪霊

高橋 和巳

特攻隊の生き残りの刑事・落合は、強盗容疑者・村瀬を調べ始める。八年前の火炎瓶闘争にもかかわった村瀬の過去を探る刑事の胸に、いつしか奇妙な共感が……〝罪と罰〟の根源を問う、天才作家の代表長篇!

  • 河出文庫 / 528頁
  • 2017.06.06発売
  • ISBN 978-4-309-41538-3

定価1,512円(本体1,400円)

○在庫あり

詳細を見る
家光は、なぜ「鎖国」をしたのか

文庫・新書

家光は、なぜ「鎖国」をしたのか

山本 博文

東アジア情勢、貿易摩擦、宗教問題、特異な為政者──徳川家光政権時に「鎖国」に至った道筋は、現在の状況によく似ている。世界的にも「内向き」傾向の今、その歴史の流れをつかむ。

  • 河出文庫 / 296頁
  • 2017.06.06発売
  • ISBN 978-4-309-41539-0

定価907円(本体840円)

○在庫あり

詳細を見る