ジャンル: 
  1. 哲学・思想・宗教 > 
  2. 哲学・思想

単行本

ムジントウ1969

無人島 1969-1974

ジル・ドゥルーズ

小泉 義之

笹田 恭史

鈴木 創士

杉村 昌昭

立川 健二

受賞
読売

単行本 46 ● 320ページ
ISBN:978-4-309-24290-3 ● Cコード:0010
発売日:2003.06.26

定価3,850円(本体3,500円)

×品切・重版未定

  • ドゥルーズの未刊行論文集成。スピノザ論、ガタリとの共同作業など、『アンチ・オイディプス』刊行後、もっとも現実にコミットした時期の全論考を収める。本邦初紹介のテクストも多数。

著者

ジル・ドゥルーズ (ドゥルーズ,G)

1925年パリ生まれの哲学者。1995年、自ら死を選ぶ。スピノザやニーチェの研究を通じ西欧哲学の伝統を継承しつつその批判者となる。主著ーF・ガタリと共著『アンチ・オイディプス』『千のプラトー』『哲学とは何か』他。

小泉 義之 (コイズミ ヨシユキ)

1954年生まれ。立命館大学大学院。先端総合学術研究科教授。著書『ドゥルーズと狂気』(河出書房新社)、『あたらしい狂気の歴史』(青土社)他、訳書、ドゥルーズ『意味の論理学』(河出文庫)他。

笹田 恭史 (ササダ ヤスフミ)

鈴木 創士 (スズキ ソウシ)

1954年生まれ。著書に『アントナン・アルトーの帰還』『中島らも烈伝』『魔法使いの弟子』。訳書に『神の裁きと訣別するため』(共訳)『狂人の二つの体制』(共訳)『歓待の書』『ロデーズからの手紙』。

杉村 昌昭 (スギムラ マサアキ)

立川 健二 (タテカワ ケンジ)

この本の感想をお寄せください

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお気軽にお寄せください。
投稿された内容は、弊社ホームページや新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
※は必須項目です。恐縮ですが、必ずご記入をお願いいたします。
※こちらにお送り頂いたご質問やご要望などに関しましては、お返事することができません。
あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちら




 歳