単行本

ワタシハナゼカクノカ

私はなぜ書くのか

マルグリット・デュラス

レオポルディーナ・パッロッタ・デッラ・ト 聞き手

北代 美和子

単行本 46変形 ● 224ページ
ISBN:978-4-309-20666-0 ● Cコード:0098
発売日:2014.11.14

定価2,376円(本体2,200円)

○在庫あり

  • 1987年のインタビュー集。デュラスが自らの生涯と作品をほぼ網羅する形で率直に語り、作家の作家自身による解説書ともいえる貴重な一冊。創作秘話や交友関係のエピソードなども満載。

著者

マルグリット・デュラス (デュラス,M)

1914-1996 仏領インドシナに生れる。今世紀最大の女流作家。『愛人 ラマン』でフランスで最も権威のある文学賞のひとつであるゴンクール賞を受賞。『モデラート・カンタービレ』等、多くの傑作を残した。

レオポルディーナ・パッロッタ・デッラ・ト (デッラトッレ,レオポルディーナパ)

本書の聞き手。イタリア人ジャーナリスト。「ラ・スタンパ」紙や「ラ・レプッブリカ」紙などに寄稿。

北代 美和子 (キタダイ ミワコ)

1953年東京生まれ。上智大学大学院外国語学部言語学専攻修士課程修了。訳書に、イサム・ノグチ『エッセイ』、ジャン・ルオー『名誉の戦場』、エルサ・モランテ『アンダルシアの肩かけ』など。

この本の感想をお寄せください

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお気軽にお寄せください。
投稿された内容は、弊社ホームページや新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
※は必須項目です。恐縮ですが、必ずご記入をお願いいたします。
※こちらにお送り頂いたご質問やご要望などに関しましては、お返事することができません。
あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちら




 歳