たとえば秀吉は、どんな言葉を使っていたのか——
激動の時代、古代語から近代語へと変わりゆく日本語のすがたを多面的に描く

全集・シリーズ

センゴクノニホンゴ

戦国の日本語

五百年前の読む・書く・話す

今野 真二

受賞
朝日 / 全国学校図書館協議会選定図書

単行本 B6 ● 256ページ
ISBN:978-4-309-62479-2 ● Cコード:0381
発売日:2015.02.13

定価1,760円(本体1,600円)

○在庫あり

  • 激動の戦国時代、いかなる日本語が話され、書かれ、読まれていたのか。武士の連歌、公家の日記、辞書『節用集』、キリシタン版、秀吉の書状……古代語から近代語への過渡期を多面的に描く。

著者

今野 真二 (コンノ シンジ)

1958年生まれ。清泉女子大学教授。日本語学専攻。『図説 日本語の歴史』『図説 日本の文字』『戦国の日本語』『ことばあそびの歴史』『学校では教えてくれない ゆかいな日本語』など著書多数。

この本の感想をお寄せください

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお気軽にお寄せください。
投稿された内容は、弊社ホームページや新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
※は必須項目です。恐縮ですが、必ずご記入をお願いいたします。
※こちらにお送り頂いたご質問やご要望などに関しましては、お返事することができません。
あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちら




 歳